公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

仮想通貨発行でファン囲い込み、東方神起ら所属事務所の新戦略

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 東方神起や少女時代が所属する芸能事務所、「SMエンターテイメント」が独自仮想通貨発行へ。
  2. ファンは仮想通貨でアーティストの活動を応援することができる。
  3. 同事務所は経営陣を刷新し、43%も下落した株価の回復を目指している。

韓国芸能事務所で仮想通貨発行の動き、ファン囲い込みねらう

韓国3大芸能プロダクションの1つ、SMエンターテインメントは、株主からの反発と株価の下落と戦う中、独自のブロックチェーンネットワークの構築、およびネイティブ仮想通貨の発行を計画している。

同社は財政や経営判断の観点から経営陣を交代した。起死回生に向けて動き始めている。

dai06

仮想通貨を通じてアーティストの活動に投資できるようにし、ファンがエコシステムにより携わることを可能とするブロックチェーンネットワークの開発を同社は目指していると、ジュ氏は明かした。

SMエンターテイメントには東方神起や少女時代、SHINeeといった日本でも著名なアーティストが多く所属している。

今後独自の仮想通貨によって購入できる、グッズやコンサートチケットなども登場するかもしれない。

dai06

2018年末、ブロックチェーン上でKポップ関連の仮想通貨トランザクションを可能にすることを目的としたるプラットフォーム「コファン(Ko-fun)」が発表された。韓国の人気ポップグループ、BTS(防弾少年団)にちなんだ「BTSコイン」など、アーティストごとにコインを作成することが狙いだ。

韓国の芸能事務所では仮想通貨を発行することで、ファンを囲い込む流れがやってきているのかもしれない。

芸能人やアイドルには非常に熱心なファンも多く、上手くはまれば双方にとって大きなメリットが生まれそうだ。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/19636/