公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Dragon Coins(ドラゴンコインズ)」様々なエンターテイメント事業で使われる仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Dragon Coins(ドラゴンコインズ)」は、様々なエンターテイメント事業で使われる仮想通貨です。
すでに多くのプロジェクトと連携してサービスの提供を行っており、自社でもエンターテイメント関連事業を行っています。

「Dragon Coins(ドラゴンコインズ)」の概要

通貨名/通貨単位Dragon Coins/DRG
公開日2017年9月
最大発行数500,000,000 DRG
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://drgtoken.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/dragoncoin
公式テレグラムhttps://t.me/joinchat/FSgY4RI3tNfalmD2sbIZRg
購入可能取引所HitBTC,IDEX,Liquid,Sistemkoin

「Dragon Coins(ドラゴンコインズ)」は、エンターテイメント分野の取引で利用される仮想通貨です。
仮想通貨を従来の決済方法に代替することで、より安全かつ公平な環境を整えます。

開発を行ってる企業Dragon Corp.によると、「Dragon Coinsは透明性・信頼性を両立した優秀なコーポレートガバナンスモデルであり、今後のエンターテイメント事業における重要な役割になる」とアピールしています。

音楽、芸術関連の企業とパートナーシップを結んでいたりエンターテイメント関連の事業を行っていて、プロジェクトの規模としても非常に大きいのがわかります。

独自のウォレットアプリの開発や仮想通貨取引所の運営を行っていたり、今後はプリペイド/クレジットカードの提供なども予定しているとのこと。

今回はそんな「Dragon Coins」について、具体的にご紹介していきたいと思います。

「Dragon Coins(ドラゴンコインズ)」の特徴

ドラゴンエコシステム

あらゆるエンターテイメント事業における決済のソリューションとして開発された「Dragon Coins」。
現在は特にモータースポーツ団体などとパートナーシップを結び、技術提供などを中心とした活動を行っています

まずは「Dragon Coins」がどのようなサービスを提供しているのかをご紹介していきたいと思います。

・ドラゴンソーシャルウォレットの提供

「Dragon Coins」は専用のオンラインウォレットの提供をしています。
ビットコインやイーサリアム等の収容通貨をはじめとする様々な仮想通貨に対応し、すでにiOS版、Android版がそれぞれリリース済み。

仮想通貨の売買、送受信、引き出し、法定通貨の交換まで単一のウォレットで全て管理することができ、公式サイトではプラットフォームへのアクセスが最も早い手段として紹介されています。

・ドラゴンエクスチェンジ「DRGx.io」

公式サイト:https://drgx.io/

「Dragon Coins」ではDRGx.ioという仮想通貨取引所を運営しています。
現状取り扱っている通貨はBTC、ETH、XRP、と独自トークンDRGで、今後も順次対応通貨をふやしていくとのこと。

マネーロンダリング防止プロトコルなどの最新セキュリティを導入し、非常に安全な取引行えるのが特徴です。
取引手数料も0.1%と非常に少なく、24時間体制のサポートセンター、チャットによるサポートによって顧客満足度に重きを置いた運営を行っているとしています。

・今後提供されるサービス

「Dragon Coins」では、今後も様々なサービスを展開する予定です。
すでに開発が始まっているものもあり、下記の2つが公式サイトによって近日リリース予定となっています。

・ドラゴンプリペイド/クレジットカード
・グローバル現金自動預け払い機

これらが本格的に稼働すれば、より一般的な決済に利用しやすくなりそうですね。
アプリと連動できるのであれば、個人決済にも十分に利用できそうです。

すでに複数の団体とパートナーシップを結んでいる

「Dragon Coins」はすでに多くの企業や団体とパートナーシップを結んでいます。

・FIA Formula E Championship
・Hitech GP
・exPay
・Fusion Public Relations
・MMMogul
・TORQUE Capital partners
・Coin Fabric

やはり注目すべきは電気自動車のF1とも呼ばれるFIA Formula E Championship(通称フォーミュラーE)とのパートナー契約でしょうか。
モータースポーツは非常に規模の大きい市場ですし、「Dragon Coins」と共同で大きなプロジェクトなどに発展するかもしれません。

それに関連して、日本人の牧野任祐選手が所属しているチームHitech GPとのパートナーシップも注目したいところ。
Hitech GPはイギリスに本拠を置くレーシングチームで、「Dragon Coins」とは長期的なスパンでパートナー契約を結んでいるとのこと。

「Dragon Coins(ドラゴンコインズ)」まとめ

今回は様々なエンターテイメント事業で使われる仮想通貨「Dragon Coins」についてご紹介してきました。
エンターテイメントは需要が無くなる事の無い恒久的な市場を持っています。

今後プロジェクトがどのように発展していくのか非常に気になりますね。