公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「RIF Token(アールアイエフトークン)」データ価値交換をより平等に発展させるためのプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「RIF Token(アールアイエフトークン)」はInternet of Value(価値のインターネット)による資産交換がより平等な環境で発展していくためのプロジェクトです。

「RIF Token(アールアイエフトークン)」の概要

通貨名/通貨単位RIF Token/RIF
公開日2017年
最大発行数1,000,000,000 RIF
ホワイトペーパーhttps://www.rifos.org/#
公式サイトhttps://www.rifos.org/
公式ツイッターhttps://twitter.com/rif_os
公式テレグラムhttps://t.me/rif_os_community
購入可能取引所Bitfinex,Bithumb Global,Coinall

「RIF Token(アールアイエフトークン)」はInternet of Value(価値のインターネット)が世界中の経済的な平等性を保ち、発展していくためのブロックチェーンインフラストラクチャフレームワークです。
RSK Smart Contract NetworkとRIF OSというソリューションを用いて、これらの課題に挑戦していきます。

プロジェクト発足から徐々に知名度を伸ばし、海外の仮想通貨情報サイト、コインテレグラフなどでも紹介されています。
まだまだ情報が少ないプロジェクトですが、今回はそんな「RIF Token」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「RIF Token(アールアイエフトークン)」の特徴

事業別のブロックチェーン

RIFプロジェクトは事業別にブロックチェーンを提供することで、従来の企業チェーンの課題を解決しようとしています。
公式によれば事業別にブロックチェーンを用意するのには、下記のような利点があるとしています。

・政府

ブロックチェーンには参加者がデータを検証する仕組みがあります。
政府のあらゆるデータ管理において、ブロックチェーンを利用すればより公平かつスマートな環境になるとしています。

・金融サービス

ブロックチェーンを利用すれば、決済の仕組みが利用者にとって最適化されます
取引が即座に実行されれば、関係する当事者にとって時間とお金を両方節約できるとしています。

・不動産

不動産をトークン化すれば、流動的な市場を構築する事が出来ます。
当事者が相互に直接取引可能になれば、仲介者やそれに関連するコストを下げる事が出来ます

・保険

ブロックチェーンを導入することで、大幅に詐欺被害を減らせるとしています。
保険商品の真正性、所有権などを立証しやすく、保険会社、利用者共にメリットをもたらします。

・芸術・クリエイション

ブロックチェーンによって芸術品の持ち主情報などを登録すれば、偽造や盗難などの被害を減らす事が出来ます。
仮にそれらの犯罪が行われたとしても、犯人はそれをお金に変えるたり、新たに公式なライセンスを取得することが不可能になります。

・サプライチェーン

サプライチェーンの透明性を担保することで、企業側、下請会社双方にメリットをもたらします。

RIF OS

Root Infrastructure Framework Open Standard (RIF OS) とは、分散型アプリケーション(dApp)をより効率的に処理することができるインフラストラクチャプロトコルです。
RIF OSはdApp開発者や関連する組織が、複数の経済システム、ブロックチェーンにスマートにアクセスできるようサポートします。

幅広い相互運用性が売りで、展開時間が非常に短く、従来のブロックチェーンテクノロジーと市場におけるギャップを埋めるために開発されました。

RIF OSを利用すればInternet of Value(価値のインターネット)の立証がより容易になり、開発者や関連する組織を手助けすることに役立ちます。

独自トークンRIF Token

RIF Tokenは、プラットフォーム上で利用される支払い方法としてはもちろん、RIF OSと互換性を持つプロトコル上でスマートな取引を可能にする仮想通貨です。
サードパーティ等が開発したインフラストラクチャサービスやアプリケーションにアクセス、取引する手段として利用され、事業的な展開もより簡単になります。

予め設定された条件通りに契約を履行するスマートコントラクトという仕組みを用いて独自の取引ネットワークを開始、様々な媒体での決済に対応できるとのこと。

公式では今後展開される関連サービスなどでも主要通貨として採用され、需要は高まって行くとしています。

「RIF Token(アールアイエフトークン)」まとめ

今回はブロックチェーンインフラストラクチャフレームワーク「RIF Token」をご紹介しました。
ロードマップを見る限り2019年以降動きがあるようなので、今後に期待したいですね。