公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Smart Valor(スマートヴォ―ラ―)」クリプトバレーで新しく認可された期待大のスタートアップ仮想通貨取引所!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Smart Valor(スマートヴォ―ラ―)」は、2019年7月にスイスのツークで新しく認可された仮想通貨取引所です。
4種の法定通貨に対応した取引所で、徐々に認知度を高めています。

「Smart Valor(スマートヴォ―ラ―)」の概要

通貨名/通貨単位Valor Token /VALOR
公開日2019年7月
最大発行数100,000,000 VALOR
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://smartvalor.com/en/
公式ツイッターhttps://twitter.com/smartvalorinc
公式テレグラムhttps://t.me/smartvalor_official
購入可能取引所Bithumb Global,BitMax,Cashierest

「Smart Valor(スマートヴォ―ラ―)」はスイスのツークに拠点を置く仮想通貨取引所です。
スイス金融規制機関から正式な認可を受けた数少ない仮想通貨取引所であり、スタートアップ企業としては異例の注目を浴びています。

スイスのツークと言えば、クリプトバレーと呼ばれるほどブロックチェーン企業の多い業界の聖地。
ドバイ、シンガポールなどブロックチェーン企業の多い他都市に比べて税率が低く、企業の成長性も早いと言われています。

「Smart Valor」の目的は、取引所を運営する中でセキュリティトークンプラットフォームとしての地位を確立すること。
将来的には株式証券、投資ファンド、関連する金融派生商品をトークンとして扱うことができるMultilateral Trading Facility(MTF)ライセンスの取得を目指しています。

「Smart Valor(スマートヴォ―ラ―)」の特徴

取引所として見た「Smart Valor」

取引所として「Smart Valor」を見ると、下記のような特徴を持っています。

・リアルタイム取引
・シームレス仲介
・投資に重点をおいた運営
・法定通貨4種に対応

特徴的なのは、投資家に向けた展開を様々な形で行っているという点。

取引所では成功したスタートアップ企業のユーティリティトークンをリスト化し、必要な規制当局の承認を得た後に取引所に上場させます。
将来的には実物資産をトークン化して取引を行うMultilateral Trading Facility(MTF)のライセンス取得し、仮想通貨以外の投資家へのアプローチを行っていくようです。

資産をブロックチェーン上でトークン化する

投資家にとって現物資産をどのように管理するのかはとても重要な問題です。
安全性とコストパフォーマンスが両立した資産管理プラットフォームは、多くの投資家が望んでいます。

「Smart Valor」は現物資産をトークン化してブロックチェーン上で管理することで、安全性とコストパフォーマンスを両立できると考えています。
ブロックチェーン技術による実物資産のトークン化はセキュリティトークンオファリング(STO)と呼ばれ、下記のようなメリットがあります。

・権利の分散記録や、部分所有権の管理が容易になる
・グローバルな流動性を担保し、低コストで素早い決済が可能になる
・スマートコントラクトによるあらゆる処理の自動化が可能になる

スマートコントラクトとは、予め設定された条件に応じて契約が履行される仕組みのことです。
これによって利用者は本来必要な複雑な手続きプロセスを省略して、正式な処理と取引を行うことができます。

不動産、芸術品、ダイヤモンドや金などの実物資産から、知的財産権や特許などの無形資産まで単一のプラットフォーム上でトークン化できれば、それらはブロックチェーンの暗号化によって安全な形で管理する事が出来ます。

世界初のセキュリティートークンエクスチェンジプラットフォームを目指す

もし「Smart Valor」がMTFライセンスを取得し実物資産によるトークン交換が可能になれば、世界初のセキュリティートークンエクスチェンジプラットフォームになります。
取引所としてだけではなく投資プラットフォームとしての規模も大きくなりますし、単一のプラットフォームで複数の分野にまたがる代替投資も可能です。

「Smart Valor」が提供するセキュリティートークンエクスチェンジでは取引所としての基本的なサービスの他に、下記のような機能を予定しています。

・分散型オークション市場の構築
・報酬と報奨金プログラム
・ガバナンスと投票エンジン

ジャンルの異なる複数の投資先に投資している場合、どのような交換手順を踏むのか、ポートフォリオ管理はどうなるのかは気になるところです。
まだ情報は少ないものの、スマートコントラクトベースの分散型オークション市場の公開にも期待したいですね。おそらく従来のプラットフォームよりも圧倒的にコストパフォーマンスがいいはずです。

「Smart Valor(スマートヴォ―ラ―)」まとめ

今回はスイスの仮想通貨取引所「Smart Valor」について具体的にご紹介してきました。
ブロックチェーン企業の多いツークに拠点を置く取引所ですから、今後周辺の企業との連携も期待してしまいますね。

今後どのような展開を行っていくのか、取引所としてもプロジェクトとしても注目していきたいです。