公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Bankera(バンクエラ)」従来の金融サービスとブロックチェーンの橋渡しを行うプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Bankera(バンクエラ)」はブロックチェーン技術を利用して従来の金融サービスとの橋渡しを行うプロジェクトです。
革新的なソリューションによって、これまでの金融サービスを抱える様々な問題を解決します。

「Bankera(バンクエラ)」の概要

通貨名/通貨単位Bankera/BNK
公開日2017年6月
最大発行数25,000,000,000 BNK
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://bankera.com/#/
公式ツイッターhttps://twitter.com/Bankeracom
公式テレグラムhttps://t.me/bankera
購入可能取引所Hanbitco,HitBTC,IDAX,IDCM

「Bankera(バンクエラ)」は従来の金融サービスとブロックチェーンテクノロジーの橋渡しを行うプロジェクトです。
ブロックチェーン銀行を構築し、仮想通貨や法定通貨を包括的に取り扱う展開を行っていきます。

「Bankera」の提供する銀行プラットフォームは、高レベルセキュリティ、オープンソースな注文帳、低コストを特徴とし、手数料のかからない金融サービスとして提供されます。

また、独自トークンであるBNKのユーティリティを高めるため、主要通貨であるETHなどと購入する際、BNKを利用することで費用対効果が高くなるように設定されています。

今回はそんな「Bankera」についてご紹介していきたいと思います。

「Bankera(バンクエラ)」の特徴

ブロックチェーン金融機関

「Bankera」はブロックチェーン技術を利用して、金融機関(主に銀行業)の抱えるあらゆる課題に対するソリューションを提供します。
最終的な目標は、全ての金融サービスを一括に利用することができるワンストップストアになることです。

「Bankera」ではこの目標を達成するため、下記のような特徴を持ったプラットフォームです。

・カウンターパーティを減らすことでエンドユーザーコストを削減する
・ユーザビリティを上げるためのデバイス、アプリなどの開発
・金融サービスの一括化

カウンターパーティとは、為替取引などの際の相手側の金融機関のことを指します。
「Bankera」はカウンターパーティの全体数を落として一部限定的にすることで、ユーザーの手数料を低下させる試みを行っています。

今後あらゆる金融サービスを包括していく中で、専用のデバイスやアプリケーションを開発し、一つのプラットフォームで全ての処理が行えるようにすることで従来の金融サービスの抱えるユーザビリティの課題を解決します。

「Bankera」エコシステム

「Bankera」ではあらゆる金融機関に単一のプラットフォーム上で完結させるため、実際の金融機関の設立などを行っています。

・SpectroCoin(スペクトロコイン)

公式サイト:https://spectrocoin.com/

SpectroCoin(スペクトロコイン)は、「Bankera」が運営を行う仮想通貨仲介サービスです。
公開されてからすでに6年以上が経過しており、ビットコインやイーサリアムなどを中心に20以上の仮想通貨をサポートしています。

・BankeraExchange(バンケラエクスチェンジ)

公式サイト:https://exchange.bankera.com/

BankeraExchange(バンケラエクスチェンジ)はシームレスで効率的な取引が可能な仮想通貨取引所です。
高セキュリティとオープンソースな注文処理を特徴とし、低コストで取引を実行することに長けています。

独自トークンBNKを利用してユーティリティを提供し、BNKと交換ペアで取引を行うと取引手数料が一切かかりません。

・Bankera Loans(バンケラローンズ)

公式サイト:https://loans.bankera.com/

Bankera Loans(バンケラローンズ)は仮想通貨を裏付けとしたローンを提供するプラットフォームです。
主に仮想通貨を保有しながら、それを販売せずに資金を得たい時に利用されます。
迅速な融資、高いセキュリティを特徴としています。

・Bankera Wallet

画像

Bankera Walletは、ここまでご紹介したBankeraエコシステムのアクセスや仮想通貨の保管・入出金を行うためのアプリケーションです。
Web版、モバイルアプリ版をすでにリリースされており、あらゆるデバイスで利用することができます。

「Bankera(バンクエラ)」まとめ

今回は銀行サービスを提供する「Bankera」をご紹介してきました。
金融サービスはもともとブロックチェーン技術と相性がよく、徐々に関連サービスも増えてきましたね。

今後どのような展開を行っていくのか非常に楽しみです。