公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

2025年までに50%が仮想通貨口座持つ?ガートナーの注目予想

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ITコンサルティングの世界大手のガートナーが2020年以降の展望を予想。
  2. 2025年までに、銀行口座を持たないスマホ所有者の50%が仮想通貨口座を利用するとした。
  3. ブロックチェーンがフェイクニュースの真偽を証明するようになるとも。

仮想通貨とブロックチェーンが変える未来、ガートナー予想

世界的なITコンサルティング大手のガートナーは「2025年までに、銀行口座を持たないスマートフォン所有者の50%が、モバイルでアクセス可能な仮想通貨口座を利用する」「2023年までに、世界のニュースやビデオ・コンテンツの最大30%が、ディープ・フェイク・テクノロジに対抗するブロックチェーンによって本物であると認証される」と予想している。

ガートナーは仮想通貨とブロックチェーンの可能性について予想。

このほかにもAIによる障害者への雇用機会創出による、就業への障壁が低くなること。個人の活動へのデジタル追跡が全世界人口の40%のメリットやサービスに影響を及ぼすとした。

dai06

ブロックチェーンの活用については、フェイクニュースがまん延している理由を「ソーシャル・メディア上のボット制御のアカウントにある」と指摘。2021年までに、主要なニュース企業の10社以上がブロックチェーンでコンテンツの信ぴょう性を証明するようになると予想している。

ブロックチェーンが情報を紐付けることで、その真偽を明らかにする未来がやってくるという。

昨今はSNSでのフェイクニュースの拡散がひどい。フェイクニュースは情報の真偽に惑わされる可能性はもちろん、心無い声によって傷つく人も多い。こうした現状をブロックチェーンが変えてくれるかもしれない。

dai06

・2024年までに、数百万人がデジタル・コマースを濫用し、金銭的なストレスに直面することから、世界保健機関 (WHO) は過剰なオンライン・ショッピングを依存症と認定する。

ガートナーは仮想通貨やブロックチェーンなどのIT技術がもたらす明るい未来を予想する一方で、こうした不安についてもふれている。

それらの予想はどれも2020年代半ばという遠くない未来の話だ。果たして私たちの暮らしとITの関係性はどのように変化していくのだろうか。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/29116/