公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

イーサリアム財団研究者逮捕は不当、友人ブテリン氏語る人物像

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. イーサリアム財団のリサーチ・サイエンティスト、ヴァージル・グリフィス氏が米連邦検事局に逮捕された。
  2. これを受けイーサリアム創設者である、ヴィタリック・ブテリン氏がTwitterを更新。「逮捕は不当」とした。
  3. ブテリン氏は「グリフィス氏が北朝鮮の悪事を手助けしたとは思えない」とも。

「ハッカーを育てるような高度な指導はしていない」とブテリン氏

2019グリフィス氏は2019年4月に「平壌ブロックチェーン・仮想通貨カンファレンス」に参加するために北朝鮮に旅行。経済制裁を逃れるための仮想通貨やブロックチェーンの使い方について行った技術的なアドバイスが経済制裁関連の法律に違反したとして起訴された。

グリフィス氏はマネーロンダリングにも用いることのできる、仮想通貨・ブロックチェーンにまつわる技術や情報提供を行ったとされ、ロサンゼルス国際空港で逮捕された。

dai06

グリフィス氏とは友人であるというブテリン氏は、財団とは関係なく、個人的な意見だとした上で、逮捕は不当であると主張した。

おそらく今後、どういった技術提供を行ったのか調べが進むものと思われる。いったいグリフィス氏はどういった経緯で北朝鮮にわたることになったのだろうか。

また、財団からグリフィス氏へはなんの支援もしておらず、大勢が渡航を反対していたという。

dai06

ブテリン氏は「ヴァージルが北朝鮮が悪事を働くことへの手助けをしたとは思えない。彼はオープンソースソフトウェアに関する公開情報に基づいてプレゼンテーションをしただけだ。ハッカーを育てるような高度な指導はない」とし、もしそうした傾向があったならブテリン氏自身が強く引き止めていただろうとコメントした。

グリフィス氏は学生の頃からハッカーとして知られており、いくつかの問題を起こしている。これまでにも米国籍を放棄し、別の国の市民権を得ようとしていたとの報道も。万が一グリフィス氏の容疑が事実だとすれば、最大20年の懲役刑になる可能性もあるという。

北朝鮮のハッカー問題や経済制裁に関する法整備の観点からも、今回の事件には注目が集まっている。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/vitalik-start-petition-for-griffith