公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「All Sports(オールスポーツ)」スポーツとブロックチェーン技術を組み合わせたプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「All Sports(オールスポーツ)」はスポーツ産業におけるブロックチェーンアプリケーションの開発を目的にした仮想通貨です。

「All Sports(オールスポーツ)」の概要

通貨名/通貨単位All Sports/SOC
公開日2018年1月
最大発行数1,500,000,000 SOC
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.allsportschain.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/allsportschain
公式テレグラムhttps://t.me/sockorean
購入可能取引所CoinTiger,FCoin,HitBTC,Huobi Global,OKEx

「All Sports(オールスポーツ)」は、スポーツ産業で利用されるブロックチェーンアプリケーションの開発プロジェクトです。

現状、スポーツ産業におけるブロックチェーン技術の採用例はまだまだ少なく、それらのソリューションになるべく誕生しました。

プロジェクトのアンバサダーには、現プレミアリーグのチェルシーに所属するプロサッカー選手、エデン・ハザード氏が務めています

ロードマップを比較的頻繁に更新しており、今後の展開にも期待される「All Sports」。

今回はそんな「All Sports」についてくわしくご紹介していきたいと思います。

「All Sports(オールスポーツ)」の特徴

ブロックチェーンとスポーツ

「All Sports」はブロックチェーンテクノロジーの発展に伴い、常に成長を続けるスポーツ業界との融合を目指して開始されたプロジェクトです。

「All Sports」プロジェクトの目的は下記の2つです。

・スポーツ業界向けブロックチェーンアプリケーションの開発
・分散化された安全なスポーツネットワークの開発。

スポーツ業界は大きなお金が動く産業を多く抱えているものの、新しいテクノロジーが生まれた時に産業面では常に後発だったようです。

ブロックチェーン技術が一般化しつつある現在も、スポーツ産業で利用される本格的なブロックチェーンアプリケーションは存在していません。

「All Sports」はそういったスポーツ業界におけるブロックチェーンアプリケーションの空白を埋めるべく開始されたプロジェクトになります。

スポーツ予測エンタメプラットフォーム

「All Sports」プロジェクトが開始された直後、スポーツ予測を主軸にしたエンタメプラットフォームの開発がロードマップに公開されていました。

そしてついにフットボールに特化したプラットフォームとアプリケーションが公開になります。

All Football(オールフットボール)を利用すれば、プレミアリーグ、ラリーガ、セリエA、ブンデスリーガ、チャンピオンズリーグなど世界中で行われているフットボールの試合結果をすぐに取得することができます

具体的な試合内容や専門家の分析を見ることができたり、ライブ配信を見ていたユーザー同士のチャットなども参照する事が出来ます。

また、各選手の得点数などをまとめたパフォーマンス統計機能なども付いています。

エデンハザード氏がSOCアンバサダーに

「All Sports」が注目されている部分の一つに、ルギーのサッカー選手エデン・ハザード氏のアンバサダー就任があります。

スポーツ関連のブロックチェーンプロジェクトは多くあるものの、現役でプレミアリーグに参加するほどのビッグネームが参加したプロジェクトはほとんどありません。

その分注目度も高く、海外の仮想通貨情報サイトだけではなく一般的なニュース番組などでも注目を浴びているようです。

「All Sports(オールスポーツ)」まとめ

今回はスポーツ産業で利用されるブロックチェーンプロジェクト「All Sports」をご紹介してきました。
現役のプロサッカー選手がアンバサダーを務めるなど注目度も高いプロジェクトですし、今後どのような展開を行っていくのか非常に興味深いですね。