公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Aencoin(アエンコイン)」カスタマイズ可能なビジネスアプリプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Aencoin(アエンコイン)」はカスタマイズ可能なビジネスアプリケーションを提供するブロックチェーンプロジェクトです。
金融取引やヘルスケアなどで利用されるテクノロジーイノベーションのサポートを行っています。

「Aencoin(アエンコイン)」の概要

通貨名/通貨単位Aencoin/AEN
公開日2018年4月
最大発行数4,000,000,000 AEN
ホワイトペーパーhttps://www.aencoin.com/assets/docs/aenco-token-economics.pdf
公式サイトhttps://www.aencoin.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/aencoin
公式テレグラムhttps://t.me/AENCO
購入可能取引所DigiFinex,IDAX,LATOKEN

「Aencoin(アエンコイン)」はブロックチェーン技術を利用して金融・ヘルスケアの分野で利用されるファイナンシャルソリューションプラットフォームです。
カスタマイズ可能な専用アプリケーションの提供やヘルステックコミュニティの構築など、多くの展開を行っています。

独自トークンAENはプラットフォームで利用されるブロックチェーンのエネルギーとして機能し、同時にコミュニティ参加メンバーへのインセンティブとして機能します。

今後は人的資本を最も大切なものと考え、金融・医療分野で幅広い展開を行っていくとしています。
今回はそんな「Aencoin」についてご紹介していきたいと思います。

「Aencoin(アエンコイン)」の特徴

許可ベースの公共分散台帳技術

「Aencoin」は主にビジネスで利用されることを目的にした仮想通貨プロジェクトです。
具体的には当事者の許可性を取り入れた公共分散型台帳技術、オープンソースのブロックチェーンをベースにあらゆるビジネスの決済や資産運用などを行うことが可能になっています。

専用のアプリケーションを用いて、ユーザー自身が大小問わず簡単に自分の資産の移動する事が出来るため、ビジネスだけではなく個人的な利用も視野に入っているように思います。

公式では下記のようなユースケースを特に強調しています。

・情報・決済でのヘルスケアサポート
・仮想通貨を使った金融ビジネス

どちらももともと仮想通貨や正確に情報を保管することに長けるブロックチェーンと非常に相性が良いので、今後知識のある投資家に向けたアプローチを行っていくかもしれません。

Aenco Healthtech Financial Solutions Platform

Aencoが力を入れているヘルスケア分野の展開にはAenco Healthtech Financial Solutions Platformという専用プラットフォームを用意しています。
公式によるとヘルスケアのテクノロジーを革新的にサポートするには、E2E(エンドツーエンド)のソリューションプラットフォームが必要であると考えています。

Aencoが言うE2Eとは、利用者のみが使用する特殊な暗号キーによって情報やサービスの管理を行うという手法です。
プラットフォーム側に利用者が暗号化したリソースを開示せず、利用者間のみで行う取引のような考え方です。

これによって利用者は完全な形でプラットフォームの取引をプライベートチェーンのように利用することができます。

AENトークン

「Aencoin」の独自トークンAENは、ブロックチェーンの燃料として、またコミュニティで使われるインセンティブとして利用されます。
プラットフォームおよび「Aencoin」エコシステムによってサポートされ、関連する研究機関への貢献に利用されたりもします。

トークン自体の価値を高めていくことで、「Aencoin」エコシステムに含まれるプラットフォームの価値も高まって行きます。

今後の展開として、ブロックチェーンベースのヘルステック産業プロジェクトをサポートすることを視野に入れており、デジタルメディアとしても展開していくようです。

「Aencoin(アエンコイン)」まとめ

今回は金融・医療分野で利用される「Aencoin」をご紹介してきました。
金融・医療共にブロックチェーン技術と非常に相性がよく、今後どのような展開を行っていくのか非常に気になりますね。

興味がある方は是非公式サイトなどをチェックしてみてください。