公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ドイツ銀行「2020年までに2億人が仮想通貨ウォレット持つ」

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ドイツ銀行は仮想通貨が現金に取って代わる可能性を示唆。
  2. 「2030年までに2億人が仮想通貨のウォレットを持つ」とした。
  3. 一方でハードルの高さも指摘。当局が認めること、グローバルな決済市場との連携、サイバー攻撃への耐性などを課題とした。

仮想通貨は現金の座を奪う?ドイツ銀行「Imagine 2030」レポート

ドイツ銀行は2030年までにウォレットユーザーが2億人を超え、デジタル通貨が現金に取って代わるとのレポートを公開した。

「Imagine 2030」というレポートを発表。

ドイツ銀行のストラテジストであるジム・リード氏は、仮想通貨の登場で法定通貨はさまざまな問題に直面していると述べた。

dai06

匿名性に対する人々の需要の高まりが、デジタル通貨へ人々を誘導する可能性があると主張した。

レポートでは政府が仮想通貨をサポートし、ユーザーが利用を望んでいると仮定した場合、2030年にはブロックチェーンのウォレットユーザーが2億人を超えるだろうと予測した。

現在世界の国々で独自仮想通貨の発行計画が進んでいる。こうした”お墨付き”仮想通貨の登場も、今後のユーザー数増加に貢献しそうだ。

dai06

一方で仮想通貨が受け入れられるためには大きなハードルがあると指摘。

ここで挙げられた課題は3つ。1『規制当局から正当なものと認識されること』、2『グローバルな決済市場との連携』、3『電力やサイバー攻撃への耐性』である。

当局からのお墨付きがなければユーザーはやはり導入に足踏みするだろうし、他の電子決済などの連携がなければ使う意味がない。また、電力消費なくして仮想通貨を利用することはできないし、サイバー攻撃を受けるなんてもってのほかというわけだ。

dai06


ソース元