公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「BHEX Token(ビーヘックストークン)」仮想通貨取引所BHEXが発行!分散型資産管理を特徴とするプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「BHEX Token(ビーヘックストークン)」は仮想通貨取引所BHEXが発行する仮想通貨です。

「BHEX Token(ビーヘックストークン)」の概要

通貨名/通貨単位BHEX Token/BHT
公開日2018年9月
最大発行数2,030,989,350 BHT
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.bhex.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/BHEXOfficial
公式テレグラムhttps://t.me/BHEX_EN
購入可能取引所BHEX,Huobi Global

「BHEX Token(ビーヘックストークン)」は、仮想通貨取引所BHEXが発行する独自トークンです。

BHEXは公開から徐々に人気を高めている仮想通貨取引所で、フィアットOTCサービス、分散型の資産管理を特徴とします。
今後はユーザーの資産を外部ウォレット上からアクセスするようにし、それらからスポットや一時契約で直接取引可能な環境を整えようとしています。

今後どのような展開をみせるのかまだまだ不明な点も多いですが、今回は可能な限り「BHEX」と「BHEX Token」についてご紹介していきたいと思います。

「BHEX Token(ビーヘックストークン)」の特徴

仮想通貨取引所BHEX

BHEXは、フィアットOTCサービスに主軸を置いた運営を行っている仮想通貨取引所です。
OTCサービス(トランザクション)とは仮想通貨取引所や交換所を使わず当事者間で直接完遂される取引のことで、市場価格などの影響を直接受けることはありません。

有名取引所Kraken(クラ―ケン)なども実装しており、市場価格を受けて個人間(あるいは会社間)で取引することで、。
BHEXはトークンの買い手と売り手を繋ぎ、複数のプロセスを省略して一般的な取引所と同じように利用することが可能です。

分散型資産管理と清算

取引所BHEXのセキュリティは複数の階層から成り立っており、特徴的なのは最下層にある分散型資産管理および清算技術です。
これはブロックチェーン技術と、コミュニティコンセンサスメカニズムに基づいて設計されており、データ化された資産を暗号化して管理しています。

同時に分散型のアソシエーションガバナンス機能を持ち、集中型のデジタル資産管理プラットフォームでもあるBHEXのセキュリティの向上と、信頼性の確保に貢献しています。

ブロックチェーン技術を利用した分散型取引所(DEX)とはやや毛色の違うアプローチが非常に興味深い資産管理システムです。

幅広い投資ニーズにこたえる展開

取引所としての基本的な機能に加え、BHEXでは下記のような展開を開始しています。
公式では「常に革新的なシステムを通じて、様々な投資ニーズにこたえる事ができるプラットフォーム」として紹介しています。

・暗号化された金融ビジネス
・暗号オプションの永久契約
・関連企業とのサービス展開

注目すべきはやはりブロックチェーンを利用した金融ビジネスの暗号化
仮想通貨だけではなく、株式などの金融商品にも今後進出していく予定のようです。

BHEXでは全てのサービスに即時アクセスできる「プラットフォームターミナル」というアプリケーションを公開しています。
これは出先でも簡単にBHEXの取引やサービスにアクセスすることができるもので、ビジネスの展開を広げることでユーザビリティを低下させないような試みも行っています。

「BHEX Token(ビーヘックストークン)」まとめ

今回は仮想通貨取引所「BHEX」をご紹介してきました。
仮想通貨取引所の数も多くなってきて、銘柄数や手数料だけでは差別化できなくなってきました。

今後「BHEX」がどのように差別化を図って行くのか、非常に興味深いですね。