公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「IoTeX(アイオ―テックス)」モノの信頼情報を検証・管理・交換するためのブロックチェーンプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「IoTeX(アイオ―テックス)」はモノのデータの信用情報をデータ化し、安全な情報交換環境を構築するプロジェクトです。

「IoTeX(アイオ―テックス)」の概要

通貨名/通貨単位IoTeX/IOTX
公開日2018年
最大発行数10,000,000,000 IOTX
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.iotex.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/iotex_io
公式テレグラムhttps://t.me/IoTeXGroup
購入可能取引所Bgogo,Bilaxy,Binance,Bittrex

「IoTeX(アイオ―テックス)」はデータの信用情報を検証・証明し、安全なデータ管理を実現するためのプロジェクトです。
ブロックチェーン技術を利用したオーケストレーションレイヤーという仕組みを使って、より効率的な管理を行うことができます。

プライベートで安心なRoll-DPoSと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを用いて、高いスケーラビリティと安全性を高めています。

比較的頻繁に情報も更新しており、プロジェクトとしての信頼性も高いと感じます。
今回はそんな「IoTeX」について詳しくご紹介したいと思います。

「IoTeX(アイオ―テックス)」の特徴

人、モノ、企業を繋ぐブロックチェーンプロジェクト

「IoTeX」はデータの信用情報をより信頼性の高い形で検証・保管し、ビジネス利用するためのプラットフォームです。

安全に管理されるデータを用いて、あらゆる事業が求めるニーズに柔軟に対応していきます。

公式ではユースケースとして主に下記のようなものを想定しているようです。

・シェアリングエコノミー
・医療&バイオメトリクス
・自動車
・サプライチェーン

実際のモノと時間をシェアする事が出来るシェアリングエコノミーなど、近年注目を集める事業でも高い需要がありそうです。
特にシェアリングエコノミーはマッチングをサポートする会社の見えない部分のやり取りが多く、オープンソースで信頼性の高い利用者情報はとても重要です。

医療やバイオメトリクスなどの研究分野も膨大なデータを安全に保管したいと考えています。
優秀な民間企業が増えてきているからこそ、「IoTeX」を始めとするブロックチェーン企業も選択肢に入りそうです。

IoTeXイノベーション

「IoTeX」の公式によると、利用者は主に下記3つのイノベーションを得ることができるとしています。

・Roll-DPoSコンセンサスメカニズム

従来のIoT分野では、分散型アプリケーションにDPoSを導入することが難しいとされてきました。
理由としては膨大なデータ量を断続的に処理する必要があるためです。

「IoTeX」ではDPoSの承認・委託処理をランダム化することで、高いスケーラビリティと即時性を高める事が出来ます
処理を段階的に分けることで、従来のDPoSに分散化を施すことができます。

・プライバシーと信頼できるコンピューティング(近日公開)

マルチパーティコンピューティングと呼ばれる仕組みを利用した2レイヤー構造のコンピューティングシステムです。
詳しい内容に関しては近日公開予定とのこと。

・ブロックチェーンインブロックチェーンアーキテクチャ

複数層の構造を持つブロックチェーンアーキテクチャによってガバナンス、オーケストレーション、運用されるタスクを分離し、プライバシー性やスケーラビリティ、相互運用性を向上させることが可能です。

IoTeXアーキテクチャ

「IoTeX」は主に3つのレイヤー構造を持っています。
複数のレイヤー毎に決定された処理を行うことで、スケーラビリティ性や安全性に置いて大きな優位性を得ることができると紹介されています。

・重力チェーン(ガバナンスレイヤー)

最下層に位置する重力チェーンは「IoTeX」ネットワークにおける分散型政府として機能します。
投票、ステーキング、プロトコル関連のタスクを担当するレイヤーです。

・ルートチェーン(オーケストレーションレイヤー)

ルートチェーンは前述したコンセンサスメカニズムRoll-DPoSを利用して、高いスループットと信頼性を確保します。
公式サイトでは「IoTeX」アーキテクチャにおけるゼネラルマネージャーだと紹介しています。

・レイヤー2チェーン(オペレーションレイヤー)

レイヤー2チェーンは想定されるユースケースやアプリケーションと直接アクセスされる具体的なレイヤーとして紹介されています。
誰でも安全で簡単にサブチェーンにアクセスすることができ、ビジネスに利用する事が出来ます。

「IoTeX(アイオ―テックス)」まとめ

今回はデータの信用情報を証明する「IoTeX」をご紹介してきました。
今後、需要が広がる分野でもありますし、期待値の高いプロジェクトだと思います。

気になる方は是非チェックしてみてください。