公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

2020年ビットコインは1万4000ドルへ、ブルームバーグが上昇を予測

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ブルームバーグのアナリストはビットコインが1万4000ドル(約150万円)になると予測。
  2. 上昇の原因は不確実性の高まりにより、資産としてのビットコインの需要の高まりと希少性にあるという。
  3. ブルームバーグは「ビットコインは2020年、唯一かつ評価を集めるデジタルゴールドとして再びほとんどの仮想通貨を上回るはず」とも。

ビットコイン地位強化で2020年は高騰発生?

「Bloomberg Crypto Outlook – January 2020 Edition」は、ドル安と株式市場のボラティリティが継続し、地政学的緊張が高まる中、ビットコイン価格は2019年の高値レンジまで上昇し、1万4000ドル(約150万円)の高値を再び試す可能性があると予測している。

アメリカとイラインの衝突もビットコインをはじめとした仮想通貨の高騰につながっている。

形のある通貨とは違い、仮想通貨は時間や場所に縛られない資産としての価値を高めている。

dai06

ビットコインへの投資の高まりは、数多くの形態を取る可能性があるとアナリストは考えている。急速に拡大しているデリバティブ市場──主流市場への仲間入りのサイン──は、機関投資家がビットコインに投資することをさらに可能にする。これは価格に波及効果をもたらし、ボラティリティを削減する。そして、価値の保存手段としてのビットコインの地位を強化する。

ビットコインは資産として価値を高めているが、価格の安定性には懐疑的な意見も多い。中国の習近平国家主席がブロックチェーンを導入したときビットコインは急激な高騰(1万ドル超え)をみせたが、また元の価格に戻ったとも…。

dai06

「ビットコインは2020年、唯一かつ評価を集めるデジタルゴールドとして再びほとんどの仮想通貨を上回るはず」とレポートは続けた。

「特に独立した通貨のような存在を好む環境において、ビットコインは価値の保存手段として普及競争に勝ち続けている」

ブルームバーグはビットコイン一定評価していることは間違いないだろう。今や金にかわる資産の保存手段としてもみているかもしれない。ただ、まだまだ仮想通貨は外的要因を受けやすいことは間違いない。

中国を筆頭とした国単位での新しい仮想通貨の誕生や量子コンピューターの登場なども、価格変動に大きな影響をもたらす可能性がある。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/33839/