第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

Coincheckが事件の裏で謎の送金。1360億円分のLISKはどこへ?

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

1月26日に発生したCoincheckのXEM大量流出騒動は、未だに多くの注目を集めています。そんな中、”XEM騒動があった当日、実はXEMだけでなく1360億円分のLISKもCoincheckから送金された記録があった”とニュースサイトダイヤモンド・オンラインが報じました。
送り主は、なんとCoincheckのメインウォレットからだったそうです。

XEM流出騒動の裏でCoincheckが1360億円分の送金

ダイヤモンド・オンラインによると、XEMの大量流出事件があった1月26日、Coincheckから段階的に1360億円分のLISKが特定のウォレットアドレスに送られたとしています。

段階的な送金は26日の12時16分に3LSK、35分に1LSK、37分に100LSK、47分に1万LSK、51分に2万LSK、52分に1000万LSK、54分に4180万LISK、翌27日14時39分には3149LSKと、後になるにつれ額も大きくなっていったようです。

ダイヤモンド・オンラインは下記のように報じています。

このアドレスは26日以前には存在しないばかりか、ほぼコインチェックからの送金の受け取りのみにしか使われていない。しかも、コインチェックがツイッターで発表した直後から、仮想通貨の売買や出金が停止されるまでの時間帯に、多額の送金が集中している。

送金先のアドレスは匿名化されており、持ち主を特定することはできないようです。
確かにXEM流出事件の裏でこれほどの額の仮想通貨が不自然に送金されていたら、確かに怪しく見えてきますよね。

誰もこの送金の実態がわからない

これが株であれば、株主はこの送金の実態を問い合わせ、答えを知る権利があります。

しかしLISKは仮想通貨です。法整備が追いついていない現状では、この巨額送金の実態をCoincheckの社員以外は誰も知ることができません。
Coincheckのメインウォレットを開示させる権限は現状ではどこの機関も持っておらず、おそらくCoincheckが発表することもないでしょう。

Twitterでは様々な声が…。

次々に出てくる不正疑惑

XEMの大量流出問題から次々に疑惑や不信感を抱くような情報がでてきたCoincheck。
返金の日程も未だ明らかにされておらず、利用者達の不満は膨らむばかりです。

返金は可能なのか? 有識者の声は…

Coincheckは非常に儲けている会社です。「返金は現実的に可能である」と言う専門家の方もいますが、今のところ確信となるソースはどこも得ることができていません。

結局、わからない事づくし…。

今回、議題とさせて頂いた「1360億円分のLISKの行方」も、Coincheckが今後どうするかも、正直、分からない事だらけ…。

とりあえず、今は待つしか無い。というのが私の結論です。(すいません。)

ただ、議題になった「1360億円分のLISK」については、不正や資産隠しというような悪事ではなく、ハッカーから資産を守る為に行なった、Coincheckの防衛策だったと、私は考えています。

何故なら、ブロックチェーン上にある取引情報は、誰でも見ることができることをCoincheck社が知らない訳はないし、そんな事したら、めちゃめちゃヤバイことになることは目に見えてるからです。

まぁ、結局のところ、分からずですね・・・。

近日中にCoincheckからの良い発表がある事を祈るばかりです。