公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

北朝鮮のハッカー集団ラザルス、2019年は仮想通貨取引所狙い撃ち

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 北朝鮮のハッカー集団とされるラザルスは、2019年に複数の仮想通貨取引所をターゲットにしていたことがわかった。
  2. ラザルスは実際に3月の時点で、シンガポールの取引所であるトラゴンEXから700万ドル(約7億7000万円相当)もの仮想通貨を奪ったとされる。
  3. ハッカーらは偽の取引ボットを生成し、本物だと思いアクセスしたコンピュータを乗っ取るなどしていたという。

仮想通貨取引所狙うラザルス、米財務省は制裁決める

北朝鮮が支援するハッカー集団ラザルスグループは昨年、複数の仮想通貨取引所を標的にしていた。ブロックチェーン分析企業チャイナリシスが報告している。

これまでにも世界各国の金融機関や企業をターゲットに暴れてきたラザルス。これまでには「オペレーション アップルジュース(Operation AppleJeus)」というMacユーザーをターゲットにした攻撃計画もあった。

そんなラザルスだが、2019年は仮想通貨取引所をターゲットにしていたのだそう。

dai06

ラザルスは、以前は盗んだ資金を現金化するまでに最大で1年半など長期間保管する傾向にあったが、2019年ではなるべく早急に現金化することに方向転換したとみられる。盗んだ資金の現金化までの期間は、大半が約60日間だった。2018年は約1年間だった。

各国で強化されるマネーロンダリング対策にラザルスも対抗。

現金化にはコインジョインという送金者の匿名性を高める方法を用い、足がつかないようにしているという。

dai06

米財務省は昨年9月、ラザルス(米政府は「ヒドゥン・コブラ」と命名)や、その下部組織「ブルーノロフ(BlueNoroff)」、「アンダリエル(Andariel)」の3グループに対する制裁を発表している。

ラザルスと各国の規制当局・セキュリティ会社らの戦いは今も続いている。

サイバーセキュリティ会社のカスペルスキーも今年に入ってレポートを発表し、ラザルスの攻撃手法が巧妙化しているとした。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/north-korean-hackers-created-realistic-trading-bot-to-steal-money