公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

メッシ在籍のFCバルセロナ、仮想通貨発行でファンと交流拡大

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. リオネル・メッシが在籍するスペインの強豪サッカークラブ、FCバルセロナが仮想通貨の発行を計画している。
  2. トークンの名前は「バルサ・ファン・トークン($BAR)」で、アプリを通じてグッズの交換やゲームがプレイできるという。
  3. バルセロナは仮想通貨の発行で、ファンとのエンゲージメントと市場を拡大させたいねらいがある。

さらに大きくなるバルセロナ、仮想通貨でコミュニティづくり

バルサはブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)と提携して「バルサ・ファン・トークン($BAR)」を開発。$BARを使うとファンはチリーズのモバイルアプリSocios.comから調査などに回答できるようになる。

FCバルセロナはリオネル・メッシやジェラール・ピケなどを擁するクラブで、世界最強・世界最大ともいわれるクラブ。

サポーターの熱も非常に高く、ソシオ(socios)と呼ばれる会員がお金を支払いクラブの運営(選挙等)に参画する。

dai06

「世界中に3億を超えるファンがおり、バルサのファンコミュニティーは世界中の国や文化に広がっている」とチリーズの創業者兼CEO、アレクサンドル・ドレフュス(Alexandre Dreyfus)氏は語った。

「バルサは間違いなく世界で最も有名で最も支持されているサッカークラブ。ファンがクラブの決定に影響を与え始めるようになることが楽しみ」

この試みにより、「クラブ以上の存在」をスローガンに掲げるバルセロナはさらに大きく成長する。

ファンとの交流の規模もさらに大きくなり、より密接なものとなるだろう。

dai06

アプリを使ってクラブと交流するサポーターはグッズやクラブでの体験と交換できるポイントが与えられると2月13日(現地時間)の発表でチリーズは述べた。トークン所有者向けにチャット、トークン取引、ゲームなどの機能も計画されている。

(中略)

バルサのブロックチェーン分野への参入はグローバル拡大戦略の一環であり、ファンとのエンゲージメント構築における新しいデジタル手法を模索している。

販売は2020年第2四半期で、価格は1トークンあたり2ユーロ(約240円)。合計4000万トークンが販売されるとのこと。

バルセロナのこうした動きにほかのクラブも追随するのかにも注目が集まる。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/39136/