公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Futurepia(フューチャーピア)」企業向けのビジネス用ブロックチェーンプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Futurepia(フューチャーピア)」企業向けに開発されたオープンソース型のブロックチェーンプラットフォームです。

「Futurepia(フューチャーピア)」の概要

通貨名/通貨単位Futurepia/PIA
公開日2018年
最大発行数22,200,000,000 PIA
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://futurepia.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/futurepia_
公式テレグラムhttps://t.me/futurepia_blockchain
購入可能取引所BW.com

「Futurepia(フューチャーピア)」はブロックチェーンを利用したいと考えているスタートアップ、既存企業、関連する事業者に向けたオープンソースブロックチェーンプラットフォームです。

公式ではブロックチェーンの3.5世代と紹介されている独自コンセンサスアルゴリズムDDPoS(Dual Delegated Proof of Stake)を導入し、既存のブロックチェーンにはない拡張性、セキュリティ性を持っています。

ブロックチェーンやコアエンジンだけでなく、APIの様々な開発ツールの提供等も行っており、すでにライブストリーミングや電子ウォレット、P2Pクラウドなどで利用されています。

ブロックチェーンを利用した分散型アプリケーション(dApp)との相性もよく、2018年にスイスで開催されたブロックチェーンコンテストのエンジニア部門で最優秀賞に選ばれています。

様々なプロジェクトに発展をみせる「Futurepia」。
今回はそんな「Futurepia」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「Futurepia(フューチャーピア)」の特徴

企業向けに開発されたオープンなブロックチェーン

「Futurepia」はブロックチェーンを活用したいと考えているスタートアップ、企業、事業者へ向けたオープンソースブロックチェーンプラットフォームです。

その特徴は後述するコンセンサスアルゴリズムDDPoSを利用した拡張性に優れたブロックチェーンネットワークで、公式によると「既存ブロックチェーンが抱えるあらゆる課題を解決することができる」としています。

メインネットにおけるコアエンジンを提供し、様々なAPI開発ツールの提供なども行っています。

分散型アプリケーション(dApp)の開発を行っている事業者などは、「Futurepia」のメインネットに直接開発したdAppを投稿する事ができ、ネットワーク内で公開されている他のdAppとの相互運用性を持ちます。

「Futurepia」のコア技術

「Futurepia」では下記のようなコア技術を採用してプラットフォームを管理しています。

・スケーラブルなメインネット

「Futurepia」のメインネットはKOLAS(Korea research lab-72カ国認定)で認定を受けた300,000TPSの速度を持ちます
これにより広大な拡張性を持たせてもスケーラブルな状態を保つ事が出来ます。

・DDPoS(Dual Delegated Proof of Stake)

「Futurepia」で採用されているコンセンサスアルゴリズムDDPoSは17個のマスターノードと4つのランダムノードがブロックを生成します。
ランダムに選出されたノードがマスターノードと談合する際に発生するあらゆる問題を解消し、高セキュリティな状態を維持します。

・セットアップが可能なBP / BOシステム

「Futurepia」ではこれまでブロックチェーン技術に接した事がないエンジニアでも簡単に操作する事が出来ます。
100以上のAPIを提供しウィンドウのみでセットアップする事が出来るBP/BOシステムを採用しています。

PASTA ProtocolとSingle Sign On

「Futurepia」は分散型アプリケーション(dApp)をはじめとする、ブロックチェーンを活用した様々な事業に力を入れています。

「Futurepia」はPASTA ProtocolとSingle Sign Onという機能を利用して、ユーザーにブロックチェーンを使った様々なコンテンツを提供します。

・PASTA Protocol

PASTA Protocolは利用者が複数のブロックチェーンにアクセスしたり、異なるチェーンを利用するdAppを利用する時に用いる事が出来る仕組みです。
利用者はPASTA Protocolを利用して自身の登録データを管理することで、複数のチェーンをまたぐ取引処理に即座にアクセスできます。

・Single Sign On(SSO)

Single Sign On(SSO)とはPASTA Protocol内におけるユーザー名やパスワードの管理システムのことです。
PASTA Protocolを利用して複数のサービスにアクセスする際に、利用者は一度だけ登録情報を入力するだけで済みます。

「Futurepia(フューチャーピア)」まとめ

今回はブロックチェーンサービスを提供する「Futurepia」をご紹介してきました。
企業向けのブロックチェーンサービスは近年、新しい事業として拡大しつつあります。

今後さらに需要が増えていくのは間違いありませんので、気になる方は是非チェックしてみてください。