公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「GAPS (ギャップス)」予測ディスカッションを通じた機械学習プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「GAPS (ギャップス)」は予測ディスカッションを行う人工知能プラットフォームです。

「GAPS (ギャップス)」の概要

通貨名/通貨単位GAPS/GAP
公開日2017年
最大発行数100,000,000 GAP
ホワイトペーパーhttp://gapschain.io/main/file/ko.pdf
公式サイトhttp://gapschain.io/main/
公式ツイッターhttps://twitter.com/GAPS_chain
公式テレグラムhttps://t.me/gapschain_io
購入可能取引所BitForex,LATOKEN,ProBit Exchange

「GAPS (ギャップス)」はブロックチェーン技術に基づき、集団の予測議論を利用した人工知能プラットフォームです。

ある特定の議題について話し合い(集団的知能)、その内容をAIに記録させることで人工知能を成長させ、今後同じプロセスの問題が発生した時に問題解決へ素早く導くことができます

グループディスカッションは多様性と独立した個人の知識を統一することで、少数の優秀な専門家よりも正しい結論に至るケースが多いです。

「GAPS 」はそう言ったグル―プディスカッションの正当性を人工知能により再現しようというプロジェクトです。

「GAPS (ギャップス)」の特徴

グループディスカッションとAI

グループディスカッションは、正しい結論に至る可能性が非常に高い手段の一つです。

「GAPS」はそんなグループディスカッションの特性を人工知能に記録させ、似たプロセスの問題が発生した場合に、より早く解決に辿りつくことが可能になります。

想定されるユースケースは多岐に渡りますが、公式サイトでは下記のようなユースケースを想定して作られているようです。

・投票
・天気予測
・スポーツやギャンブル
・仮想通貨などの価格推移
・マーケティング
・トレンド

「GAPS」はあらゆる議題で利用者にディスカッションさせ、最終的に論理的かつ正確に応えた人物にトークンによる報酬を出しています

プロジェクト3つの核

「GAPS」プロジェクトは、主に下記の3つの要素から成り立ったサービスです。

・ディベート

参加者が予測についてお互いの意見を出し合います。
正しい予測結果を選択し意見を表明した参加者は、AI学習への支援に対して報酬を与えられます。

同じ予測を選択した他の参加者から論理スコアを受信または削除することで、自身の評価を上げることができます。

・オラクル

主題に関する質問は特定の期間後に回答を決定する必要があるものに限定され、チェーンの外側から結果を取得することができません。
これはオラクル問題と呼ばれ、「GAPS」は説明責任と補償を通じてこの問題に対処しています。

特定のイOracleデータは、プラットフォームからミドルウェアとして提供され、期間後に実際の結果が得られた場合、作成者は作成した議論データを取得することができます。

・議論の証拠

GAPの配布原則はブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムのproof of work(POW)に基づいて説明できます。

すべての議論の参加者はマイニングのノードと同じ機能を持ち、マイニングに基本的な計算能力を提供するため、参加者はステークコインを提供する必要があります。

これは、それぞれの意見に対する各意見の責任に取って代わり、特定の問題の作成後に報酬が与えられたかのように、ブロックの作成後に報酬が与えられます。

このため、GAPSプラットフォームのコンセンサスアルゴリズムはPOD(Proof of Discussion for Learning)と呼ばれ、すべての合意は討論を通じて学習することで行われます。

「GAPS (ギャップス)」まとめ

今回は人工知能とグループディスカッションを組み合わせた「GAPS (ギャップス)」をご紹介してきました。
ユースケースが非常に多岐にわたるプロジェクトであり、今後の展開が非常に楽しみです。