公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Omnitude (オムニチュード)」ブロックチェーン技術を使った強力セキュリティデータ管理プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Omnitude (オムニチュード)」はブロックチェーン技術を使ったデータ管理プラットフォームです。

「Omnitude (オムニチュード)」の概要

通貨名/通貨単位Omnitude (ECOM
公開日2017年8月
最大発行数74,413,301 ECOM
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://omnitude.tech/
公式ツイッターhttps://twitter.com/Omnitudeorg
公式テレグラムhttps://t.me/joinchat/GvyX0g8PC7_JsyUu0fruUw
購入可能取引所BitForex

「Omnitude (オムニチュード)」はブロックチェーンと専用のミドルウェアプラグインなどを通じて、企業と顧客両者が自由にデータ管理を行えるようにするサービスです。
プラットフォームを利用することで既存のデータを丸ごと移行することができ、高いセキュリティの下でデータ管理を行う事が出来ます

企業側のメリットは既存のシステムからデータを移行するだけで利用する事が出来る点です。
逆に顧客側は特定の企業に頼らずに自身のデータを保管する事ができ、特定のデータを参照したい場合にもすぐにアクセスする事が出来ます。

ユースケースは多岐に渡り、今後に期待される「Omnitude」。
今回はそんな「Omnitude 」プロジェクトについて詳しくまとめていきたいと思います。

「Omnitude (オムニチュード)」の特徴

Omnitudeの優位性

「Omnitude」はミドルウェアハイブリットブロックチェーンレイヤーを用いて、データ管理などを行うツールを提供するプロジェクトです。
企業組織などの商用ファブリックに、簡単で低コストなデータ管理環境を整えるツールキットとして機能しています。

公式サイトによると、「Omnitude」は下記の点で他のプラットフォームの優位性があるとしています。

・簡単なブロックチェーン
・強力なサプライチェーン
・低コスト
・偽造・詐欺対策
・スピーディなトランザクション

「Omnitude」はブロックチェーンを利用する際に大きな障壁となっているコスト・不正・低速度などの問題に取り組んでいます。

ブロックチェーン利用の障壁

企業のブロックチェーン参入の障壁に対して、「Omnitude」は下記のような取り組みを行っています。

・コスト削減のためのコンサルティングプロセス

「Omnitude」はエコシステム内のコスト効率を上げるために、システムの使用に応じて料金を支払っています
そのため大規模なエンタプライズライセンス料、前払い金などを無くし、低コストなコンサルティングプロセスを用意しています。

・よりスピーディなトランザクション

Hyperledger Fabricに基づいて設計されたチェーン構造は、瞬時にノ―ドをスピンアップして分散型ネットワークのスケーラビリティを高めています
VisaやPaypalよりも高速で、非常に安全性も高いです。

・偽装対策

偽装品などを排除するためサプライチェーンを強固にしています。
常に品質を検証し、ブロックチェーンによって正当性を保証することで安全性の高いネットワークを維持します。

「Omnitude (オムニチュード)」まとめ

今回はブロックチェーン技術を使ったデータ管理プラットフォーム「Omnitude (オムニチュード)」をご紹介してきました。

公式では大手SNSやeコマース分野と連携できれば、支払い記録や個人情報なども「Omnitude」だけで一括管理できるようになるとしています。
企業・顧客両者にメリットのあるプラットフォームであり、今後どのように展開していくのか気になるところです。