公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Plus-Coin(プラスコイン)」仮想通貨と実経済を結ぶブロックチェーンプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Plus-Coin(プラスコイン)」は仮想通貨と実経済を結ぶために開発されたプラットフォームです。
ゲームなどのアクセスエンターテイメントや飲食店を利用する際に、モバイルコマース経由での支払いが可能になります。

「Plus-Coin(プラスコイン)」の概要

通貨名/通貨単位Plus-Coin/
公開日2017年7月
最大発行数900,000,000 NPLC
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.plus-coin.com/en/
公式ツイッターhttps://twitter.com/pluscoin
公式テレグラム
購入可能取引所HitBTC,Liquid

「Plus-Coin(プラスコイン)」は仮想通貨と実体経済を結び、決済ソリューションをもたらすプロジェクトです。
専用アプリを用いて、簡単に仮想通貨による決済を行える環境が整えば、事業展開が容易になったり、私たちの生活もより便利になっていきます。

グローバル、モバイルに焦点を当てたマーケティング事業や広告代理サービスとしての展開も行っており、今後も事業規模は広がって行くようです。

今回はそんな「Plus-Coin」について具体的にご紹介していきたいと思います。

「Plus-Coin(プラスコイン)」の特徴

現金のように使える仮想通貨を目指す

「Plus-Coin」は既存の現金のように利用することができる仮想通貨をめざして開発された仮想通貨です。

すでにリリースが始まっている独自モバイル決済アプリケーション「Smart Plus」をインストールすれば、既存のあらゆるサービスの決済手段として利用でき、ブロックチェーンと暗号通貨を組み合わせたゲーム「Digstar」などにアクセスすることもできます。

また、「Plus-Coin」ファミリーの1つであるプラットフォームSmartconには、300以上のオンライン/オフラインチャネルがあり、関連するプラットフォームで「Plus-Coin」を利用すれば、より有利で安定した支払い方法としてになります。

「Smart Plus」はスマートフォンから「Plus-Coin」プラットフォームにアクセスすることができるなど、ユーザビリティの向上に対して非常に高い意識を持った開発を行っています。

仮想通貨取引所upXide

「Plus-Coin」プロジェクトでは仮想通貨取引所upXideの運営も行っています
upXideは「Plus-Coin」だけではなく、あらゆる主要通貨を取り扱っており、今後も対応銘柄を増やしていく予定です。

また、「Plus-Coin」を利用すればupXide内のあらゆるサービスにアクセスすることが可能で、今後は特典なども用意するとしています。

自社の取引所を介することで手数料を安くし、普段は法定通貨のみで決済を行っている人でも手軽に仮想通貨決済を行う事が出来る環境を提供しています。

「実体経済ベースの仮想通貨」を目指す

「Plus-Coin」の基礎理念は、開発者であるMetaps Plusによって定められています。
Metaps Plusは韓国で1億米ドルのモバイル取引を行っており、グループ全体で持つプレゼンスは中国、日本、韓国で非常に大きな規模を持ちます。

北アジアを中心とした展開は今後も続けていくとしており、これらの国々で利用されるあらゆる実体経済ベースの仮想通貨としての地位を確立しようとしています。

すでにモバイルFinTechプラットフォームは大きな仮想通貨経済を構築しており、最終的には大規模なマネーフロープラットフォームの完成を目的としています。

「Plus-Coin(プラスコイン)」まとめ

今回は仮想通貨の決済ソリューションを提供する「Plus-Coin」についてご紹介してきました。
まだまだ決済手段として利用しづらい仮想通貨ですが、こういった決済利用に焦点を当てたプロジェクトが増えて来たことで、徐々に支払い方法としても浸透してきましたね。

似たコンセプトのプロジェクトは多いので、今後どのように独自性を出していくのかに注目しましょう!