公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「MEXC Token(メックスシ―トークン)」救急医療サービス「EMS」が発行する医療系トークン!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「MEXC Token(メックスシ―トークン)」救急医療サービス「EMS」が発行する仮想通貨です。

「MEXC Token(メックスシ―トークン)」の概要

通貨名/通貨単位MEXC Token/MEXC
公開日2018年1月
最大発行数1,418,814,163 MEXC
ホワイトペーパーhttps://mexc.life/docs/MEXC_whitepaper.pdf
公式サイトhttps://mexc.life/
公式ツイッターhttps://twitter.com/mexc_life/
公式テレグラムhttps://t.me/mexclife
購入可能取引所Bilaxy,Exrates,WhiteBIT

「MEXC Token(メックスシ―トークン)」は救急医療サービス「EMS」が発行する仮想通貨です。

救急医療サービス「EMS」は病院や医療施設への入院前医療および輸送サービスを提供するブロックチェーンサービスであり、救急医療サービスの需要の増加は救急車市場の成長にもつながっています。

EMSが提供する製品とサービスは、業界のサプライチェーン上で費用対効果の高い製品とソリューションを提供でき、関連する様々な開発も行っています。
今回はそんな救急医療サービス「EMS」と独自トークン「MEXC Token」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「MEXC Token(メックスシ―トークン)」の特徴

様々な展開を行う救急医療サービス「EMS」

救急医療サービス「EMS」が行う主な事業は、患者が病院や医療施設への入院前に行う医療サービスや関連する輸送手段などを提供することです。
顧客データの管理をブロックチェーンによって最適化することで安全かつスムーズは運用が可能になっています。

公式サイトでは「EMS」について、下記4つの特徴を持ったサービスだと紹介しています。

・68億ドル規模と言われるの関連産業を民主化
・既製の製品によって準備ができた市場
・業界の事実上の標準
・巨大化する市場に対応できるデータ管理

ブロックチェーンを用いたデータ管理をオープンソース・民主化し、より安全かつ緊急時にも利用しやすい状態に保ちます。

独自トークンMEXC

「EMS」が発行する独自トークンMEXCは主に医療現場の技術促進を行うために開発された仮想通貨です。
医療現場で利用される機器や技術の特許出願処理を簡単にし、土地や国によって異なる医療レベルの差異を無くす医療技術のグローバル化を推進します。

仮想通貨として関連するサービスの支払い手段としても利用することが可能になっていて、プラットフォーム内で行われるあらゆるトランザクションを処理しています。

下記がMEXCの主な特徴です。

・分散型エンタープライズリソースプランニング(ERP)プラットフォーム
・MEXCビジネス関連活動に対する分散型投票
・ほとんどの救急車と病院で使用される信頼性

仮想通貨を支払い手段にすることで、緊急時の複雑な支払いプロセスを簡略化することも可能です。

フルループエコシステム「MEXCエコノミー」

「EMS」ではMEXCを利用して特許出願中の機器やサービスを購入できるサービス「MEXCエコノミー」を提供しています。
ICO中のMEXCトークンの購入者と参加交換機でのポストICOをEMS業界の業界関係者に接続することで、特許がまだとれていないサービスに利用者が簡単にアクセスすることが可能です。

「MEXCエコノミー」プラットフォームは下記のような特徴を持っています。

・分散型製造

ブロックチェーンによる分散型製造は、EMS製品とサービスのコストを削減できます。

・分散型マーケティング

地理的な場所ごとに特定のニーズと懸念事項をターゲットにすることで、マーケティング活動をより効率的にすることができます。

・分散型配布

ブロックチェーンで分散型ERPを使用することにより、透過的で不変で安全なトレーサビリティで配布を調整できます。

「MEXC Token(メックスシ―トークン)」まとめ

今回は今回は救急医療サービス「EMS」が発行する独自トークン「MEXC Token(メックスシ―トークン)」をご紹介してきました。
医療分野でもブロックチェーンを利用したデータ管理や資金調達法が採用される事が多くってきました。

今後MEXCがどのような展開を行っていくのか非常に楽しみですね。