公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

フィリピン大手銀CEO「コロナ影響で仮想通貨主流になる」と予測

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. フィリピンの大手銀行であるユニオンバンクのCEOが、昨今の金融情勢についてコメント。
  2. 新型コロナウイルスの影響で、銀行は現金から仮想通貨に乗り換えていくと予測。
  3. ユニオンバンクは2019年7月にステーブルコイン「PHX」を公開したと報じられている。

仮想通貨にかけるフィリピンの大手銀行、デジタル化の波予測

フィリピンの大手銀行ユニオンバンクの社長兼CEOを務めるエドウィン・バウティスタ氏が、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、銀行は現金から離れデジタル通貨にシフトしていくだろうと予測した。

ユニオンバンクは、2019年7月にフィリピンペソに紐づく「PHX」を公開したと報じられている。

仮想通貨、ブロックチェーンの活用に積極的な銀行として知られている。

dai06

バウティスタ氏は、パンデミックの影響でオンラインバンキングの需要が高まり、銀行はデジタル化戦略の見直しを迫られていると指摘した。「確かに、このパンデミックにより、すべての銀行が今すぐデジタル化に取り組む必要性が高まっている」と述べたそうだ。

バウティスタ氏は7000を超える島からなるフィリピンの地政学的な観点からも、現金ではなく仮想通貨を活用することの意義を感じている。

中央銀行による各銀行やATMへの現金供給が滞れば、”現金の終焉”が始まるとも。

dai06

またユニオンバンクは同月、ブロックチェーン基盤システムを介した、フィリピンからシンガポールへのクロスボーダー送金の実験に成功したと発表した。

こうしたブロックチェーン基盤のシステムを実用化することで、農村部の銀行との連携や、銀行口座を持たない数百万人のフィリピン国民に金融サービスの提供を目指すという。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/unionbank-head-foresees-the-end-of-physical-cash