公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

マイクロソフトの「Azure」圧迫、自主隔離のゲーム需要増が影響

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」にかなりの負荷がかかっている。
  2. 原因はコロナウイルスによる自主隔離で、ゲーム需要が高まっていること。
  3. Azureにはブロックチェーンネットワークやブロックチェーンデータの管理サービスが実装されている。

マイクロソフト「Azure」圧迫、Xboxライブが原因と説明

新型肺炎コロナウイルスの影響で自主隔離されていることによってゲームに熱中しているために、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」に負荷がかかっているようだ。

この問題は、3月28日にマイクロソフトが米証券取引委員会に提出した資料によって判明。

Azureは世界中のリモートワーカーを支援していると同社は説明するが、ある地域では『一部のコンピューターリソースのデプロイが通常の99.99%の成功率を下回っている』とも述べた。

dai06

さらにマイクロソフトは「XboxライブがAzure全体のキャパシティを圧迫している」ことが原因にあると指摘した。

需要の急増は、欧州北部・西部、イギリス南部やフランス中部、そのほかアジア東部やインド南部でも確認がとれているという。

Xboxライブはゲーム機Xboxのオンラインサービスで、ゲームのオンライン対戦やチャット機能などをサポートするもの。このサービスを提供しているのがマイクロソフトなのである。

ちなみにXbox人気は日本よりも海外が圧倒的であることが知られている。

dai06

Azureにはブロックチェーンネットワークの管理のほか、トークンの定義や作成、ブロックチェーンデータ管理サービスなどが実装されている。クライアントにはJPモルガンなどがある。

コロナウイルスで客足が遠のくところもあれば、客足が伸びることもある。

しかし、その客足が伸びたところもその需要を受け止めきれず、思わぬ被害が出てしまうこともあるようだ。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/quarantined-gamers-are-straining-microsoft-azure-based-blockchain-platform