公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

仮想通貨マイニングをコロナウイルス治療に転用、スタンフォード大ら研究中

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. イーサリアムブロックチェーンで最大級のマイナーであるコアウィーブ(CoreWeave)が、コロナウイルス感染拡大を受け新たな挑戦。
  2. 6000ものコンピュータチップの演算能力をコロナウイルス治療法発見のために、スタンフォード大学と研究を進めている。
  3. プロジェクト名は「Folding@home」。コアウィーブはこのプロジェクトのコロナウイルス部門の演算能力の半分以上を提供。

マイニングの演算能力を治療法発見へ、コアウィーブ社は迷わず承諾

イーサリアムブロックチェーン上で最大のマイナーであるコアウィーブ(CoreWeave)は、6000の特別なコンピューターチップの演算能力を、コロナウイルスの治療法を見つけるための研究へと向けている。

コアウィーブはスタンフォード大学が行っているプロジェクト、「Folding@home」に演算能力を提供。

この話がもちあがったとき、コアウィーブ社は迷わず参加を承諾したという。

dai06

IBMのスーパーコンピューターをはじめとして、様々なグループがコロナウイルスに対処するためのワクチンや研究に取り組んでいるが、いまだコロナウイルスの治療法は見つかっていない。ベンチュロ氏は、Folding@homeは他の重要な薬の開発において、ブレークスルーに貢献するために利用されてきたことを指摘した。

コアウィーブのCTOであるベンチュロ氏は、同プロジェクトがHIAV防御薬の開発に貢献していたことを評価。

今回のコロナウイルス治療法発見にも、大いに役立つことを期待しているという。その可能性に「みんなで興奮した」とも。

dai06

Folding@homeのブログ記事より

「我々の専門分野は、タンパク質の動く部分を理解するために、コンピューターシミュレーションを利用することだ。タンパク質の原子がお互いに対してどのように動くかを観察することが重要だ。他の方法ではアクセスできない価値ある情報をつかむことができるからだ」

仮想通貨のマイニング力が思わぬ形でコロナウイルス対策に貢献しようとしている。それによって得られるであろう利益を差し置いてでも、協力姿勢をとる企業の存在は評価されるべきだろう。

研究スピードが加速し、治療法が発見が近づくことを祈りたい。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/45267/