公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

コインチェックのNEM流出事件、10億円不正取得で再逮捕

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 仮想通貨取引所コインチェックのNEM流出事件で、再逮捕者がでた。
  2. 逮捕されたのは大阪市の会社役員男性で、不正なものと知りつつ約10億円相当のNEMを取得した疑い。
  3. 同容疑者はすでにNEMに関する別の容疑で逮捕されてきた。取得にはダークウェブなどを使った可能性がある。

流出したNEMを不正に取得、ダークウェブが犯罪の温床か

捜査関係者によると、再逮捕容疑は2018年2~3月、匿名性の高い闇サイト群「ダークウェブ」上の交換所でハッカーが流出させた犯罪収益と知りながら、ビットコインなど別の仮想通貨と交換して約10億円相当のネムを取得したとしている。「ネムを購入した記憶はある」と供述しているという。

逮捕されたのは大阪浪速区の会社役員の30代男性だ。捜査関係者によれば、容疑者は2018年2~3月の間に、ダークウェブ上でNEMを入手したという。

容疑者も「NEMを購入した記憶がある」と話しているそうだ。

dai06

北本容疑者は、相場より安価な流出ネムを取得して別の暗号資産と自動で交換するプログラムを自ら開発し、全体で50億円超に相当するネムを取得。

容疑者はこの方法でNEMを入手し、さまざまな取引所で交換を繰り返し数億円にのぼる利益を得た疑い。

ただ、彼は流出を引き起こした人物ではなく、ハッカーらに交換を持ちかけられたという。

dai06

事件を巡っては、同様に約1億数千万円相当のネムを取得したとして北海道帯広市の医師の男(30)も同容疑で逮捕、起訴された。

約580億円相当の流出事件の全容解明にはまだ至っていない。彼ら以外に、流出に直接関係した人物がいるはずだ。

事件の手口が解明されれば、これまで発生しているその他の流出事件の解決や仮想通貨取引所らの対策も進むだろう。

dai06


ソース元https://mainichi.jp/articles/20200414/k00/00m/040/061000c