公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

米公共機関へのランサムウェア攻撃減少、コロナウイルスでハッカーに逆境か

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. アメリカの公共機関へのランサムウェア攻撃が激減。第2四半期も減少傾向が続く見込み。
  2. 攻撃減少の背景には新型コロナウイルスの影響があり、世界中で生活に必須ではないサービスの一時停止が相次いでいることが挙げられる。
  3. さらに在宅勤務が増えていることで、セキュリティの強化が行われていること、個人のデバイスにしか攻撃できないことも考えられる。

攻撃激減、コロナウイルスの影響ハッカーにも

米国の公共機関へのランサムウェア攻撃の成功した数が、2020年第1四半期に激減した。マルウェア研究所のEmsisoftが4月21日に報告書を公開した。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響とみられる。

同時期にランサムウェア攻撃の被害にあったのは、合計89組織だった。数年来見られなかった低水準だとしている。

政府機関への攻撃は1月の段階で19件で、3月は7件のみ。教育機関への攻撃も1月に10件、2月に14件、3月は2件と少なかったという。

dai06

この減少傾向は第2四半期も続くと見られ、4月1日から20日の間では、わずか7件となっている。

ランサムウェア攻撃が減少した背景には、世界的に感染拡大が広がる新型コロナウイルスの影響で、世界中の生活必須でないサービスが一時停止した状態にあることがあげられる。

新型コロナウイルスの影響はハッカーにも広がっている。

また、専門家によれば在宅勤務を行う会社が増えたことで、遠隔作業に際してセキュリティの強化が図られていること、従業員が使用しているのは個人のデバイスでしかないことなど、ハッカーにとって攻撃をしにくい環境が自然と整っているという。

dai06

Emsisoft脅威アナリスト ブレット・カロ―氏

「会社は経済的にダメージを受け、多くが生き残りをかけて政府の支援に頼っている。私は、向こう数週間にランサムウェアに攻撃されれば倒産する会社があると考える。攻撃によって限界を超えるだろう」

ブレット・カロー氏は現在の減少傾向を一時的なものとみている。経済危機で多くの企業・サービスが窮地に陥るなか、それにとどめをさしてしまうのがランサムウェア攻撃だという…。

ハッカーも攻撃しにくい現状をどうにか打破してくるだろう。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/ransomware-attacks-are-way-down-in-the-midst-of-covid-19