公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

仮想通貨取引所らアフリカ競争激化、バイナンスは30カ国展開目指す

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 仮想通貨取引所らのアフリカへの進出が相次いでいる。
  2. バイナンスはすでにナイジェリアへ進出。2020年末までにアフリカにある30カ国への展開を目指す。
  3. ジャック・ドーシー氏は「アフリカはビットコインの将来を決める上で、大きな役割を果たす」とも。

アフリカは仮想通貨の未来?取引所らが進出急ぐ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスがナイジェリアで暗号資産決済アプリをローンチ。デジタル資産をめぐる、アフリカでの競争が激化している。

バイナンスはアフリカ全土のユーザーに対して、現金と仮想通貨の両方を無料で保管したり取る引きしたりできる手段を提供する旨を発表。その先駆けとなるのがナイジェリアのようだ。

このアプリ「バンドル(Bundle)」は、ナイジェリアの首都ラゴス近くで育ったバイナンス・ラボの元ディレクターであるイェレ・バデモシ氏の発案だという。

dai06

ナイジェリアを起点に、2020年末までにアフリカの他の30カ国でもバンドルを完全運用を行うとバイナンスは述べた。

アフリカでの競争は激化している。

ルノ(Luno)やビットペサ(BitPesa)のような現地の競合のみならず、ライバルの暗号資産取引所フォビ(Huobi)も中東とアフリカに子会社を設立している。

仮想通貨や決済関連企業らはアフリカにフォーカスし、その可能性を探っている。

ただ、仮想通貨は貧しい人たちや教育を受けられなかった人たちにとって、必ずしも優しいものではないとの見方もある。貧富の差が激しいアフリカにおいて、このような問題は仮想通貨や電子決済普及の妨げになるかもしれない。

dai06

2020年はじめ、ツイッターの創業者であり、暗号資産に注力している決済企業スクエア(Square)のCEOであるジャック・ドーシー氏は、アフリカはビットコインの将来を決める上で大きな役割を果たすだろうと述べた。

誰もが平等に利用できるようになれば、確かにアフリカにおける仮想通貨の可能性には期待できるかもしれない。

インフラの整備が追いつかないアフリカにおいて、スマートフォンからいつでもどこでもお金のやり取りができるのはとても便利なはずだ。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/56684/