公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ブロックチェーンで牛肉を追跡、豪州から中国への出荷試験完了

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. オーストラリアの家畜追跡プラットフォームAgliveが、牛肉の出荷を監視する試験を完了。
  2. 中国へ出荷された牛肉はブロックチェーンによって追跡され、配送時の温度や場所のデータを記録。
  3. AgliveはEU、ブラジル、カナダ、アルゼンチンにもこのプラットフォームの導入を目指している。

牛肉の配送状況、ブロックチェーンが常時監視

豪州の家畜追跡プラットフォームAgliveは、中国への牛肉出荷を監視する試験を完了した。

牛肉はオーストラリアのニューサウスウェルズ州の牧場から、中国の上海の食料品店へ配送。

配送時のすべての工程で場所や温度などの状況を追跡・監視され、製品の安全が保たれたことを確認したという。

dai06

すべてのデータは、ハイパーレジャー・ファブリックとイーサリアムの両方でスマートコントラクトを実行できるプライベートバージョンのイーサリアムブロックチェーンに記録された。

ブロックチェーンによって製品を遠隔からでも監視できれば、その質をも顧客に担保することが容易になる。

dai06

このプラットフォームは現在、EU、ブラジル、カナダ、アルゼンチン、ウルグアイを含む世界中の主要な家畜生産者の市場にソリューションを導入するために取り組んでいる。

Agliveのエグゼクティブディレクターのポール・ライアン氏は、農場の事務処理の削減や食品の価格向上を最終目的としている。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/agtech-firm-tracks-beef-exports-from-australia-to-china-using-blockchain