公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

リブラ協会初代CEOが就任、世界金融で不正と戦った大物に決定

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. リブラ協会の初代CEOに、金融機関HSBCの最高法務責任者スチュアート・リービー氏が就任した。
  2. リービー氏はジョージ・W・ブッシュとバラク・オバマ両大統領のもとで、テロ・金融情報担当の財務次官を務めた経験も。
  3. リブラ協会は動きを活発化させており、各国当局からの懸念に対応する姿勢を見せている。

活発に動くリブラ協会、不正と戦うリービー氏がCEOに

リブラ協会(Libra Association))5月6日、リービー氏は「2020年夏の後半」に参加し、「技術革新を堅牢なコンプライアンスと規制の枠組みに組み合わせる」ための取り組みを監督すると発表した。リービー氏は2012年からHSBCに在職している。

リービー氏は、ジョージ・W・ブッシュ大統領とバラク・オバマ大統領のもとでテロ・金融情報担当の財務次官を務めた経験があり、金融における不正と戦った経歴を持つ。

リブラ協会に初代CEOに世界の金融業界で活動してきた大物、スチュアート・リービー氏が就任。

同氏はこれらの経歴のほかにも、米外国資産管理局(Office of Foreign Asset Control)にて制裁の執行、金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)にてアンチマネーロンダリング規制の監督も行ってきた人物だ。

dai06

リブラ協会CEO スチュアート・リービー

「リブラ協会がテクノロジーの力を活用して世界の決済環境を変革するための大胆な道筋を描くなか、私はリブラ協会に参加できることを誇りに思う」とリービー氏は声明で述べた。

リービー氏は各国の当局らとも連携しながら、リブラの発行を目指すことについても期待感を持っている旨をコメント。

リブラによって世界の金融を円滑化させること、不正な金融活動を検知・抑制していくという。

dai06

リブラ協会は最近、世界的な非営利団体「Heifer International」やeコマースサイト「Checkout.com」などの新たなメンバーを発表するなど、多くの動きを見せている。またスイス金融市場監督機構(FINMA)から決済ライセンスを取得する手続きも開始している。

(中略)

2020年4月、リブラ協会は当初の構想を修正、単一のグローバルステーブルコインの発行を目指した計画を縮小し、各国の法定通貨に裏付けられた複数のステーブルコインの発行を目指している。

2019年半ばには各国当局らからの批判が続出し、一時は計画中止も噂されたリブラ。

しかし、当初の計画変更にも踏み切り、活動を活発化させている。2020年中にまた大きな動きを見せるのだろうか。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/60246/