公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

大規模停電起きてもビットコイン生き残る?銀行と比較してわかった強み

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 「もしも世界中で大規模停電が起きた時ビットコインは生き残れないのではないのか」という仮説について、専門家アンドレアス・アントノプロス氏が反論。
  2. 災害がインターネットや電力に大きなダメージを与えたとしても、ビットコインは一番最初に復旧するとした。
  3. むしろ大きな被害を被るのは、銀行などの既存の金融システムであるとみている。

仮想通貨専門家「災害起きても、仮想通貨は銀行より早く復旧」

もし世界で突然電力供給が停止したら、ビットコインにとって一巻の終わりになるのだろうか?

仮想通貨業界を代表する教育者であるアンドレアス・アントノプロス氏は、上記のシナリオに反対だ。ビットコインは、その分散型の性質によって伝統的な銀行システムより電力供給ストップという災害に対して耐久力があるとみている。

アントノプロス氏は、「ビットコインは自立したシステムを用いていること」、「世界中にマイナーが分散しているため、復旧もそれぞれで行える」などの天をビットコインの強みとした。

dai06

またアントノプロス氏は、ビットコインは衛星やラジオ、電話回線を利用できると指摘。現在の電力供給インフラが停止して袋小路に追い込まれるのは既存の金融システムだろうと予想した。

対する銀行などの既存の金融システムは、大規模停電などに打たれ弱く復旧が難しいとみている。

dai06

アンドレアス・アントノプロス氏

「私は政治的な攻撃、とりわけ卑怯な政治的な攻撃を心配している。例えば、仮想通貨の税制面でのステータスを変更して地下経済に追いやることだ」

ビットコインの耐久力・復旧力を評価するアントロノプス氏が脅威と認識しているのは、ビットコインへの”政治的な攻撃”とのこと。

価格の急落も政治的な攻撃によっては起こりうるとしているが、システムそのものは破壊されないとみている。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-would-be-more-resilient-to-global-electric-failure-than-banks