公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ロシア憲法改正のオンライン投票、ブロックチェーンで安全性と透明性確保

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ロシア憲法改正の国民投票にブロックチェーンが用いられ、オンラインでの投票が実施される。
  2. 導入の理由は「安全性と透明性の確保」のためで、ハッキングはほとんど不可能という。
  3. 憲法改正はプーチン大統領が推進してきたもので、任期延長などが含まれている。

ブロックチェーンによるオンライン投票、ロシア憲法改正で導入へ

ロシアの憲法改正の国民投票にブロックチェーン技術が使われる。

モスクワ市政府は公式ウェブサイト上で、憲法改正の国民投票でブロックチェーン技術を使ったオンライン投票を導入すると発表した。モスクワ市民は6月21日までの間に登録すれば、電子投票に参加できる。

オンラインでの投票は2020年6月25~30日の間に実施。

ブロックチェーンにより投票を匿名・暗号化することで、投票の改ざんを防ぐねらいがある。

dai06

「電子投票の安全性と透明性は、ブロックチェーン技術によって保証される。このようなネットワークは単一のサーバーがない。情報を変更するには、ネットワーク参加者の承認を得る必要があるため、チェーンをハッキングすることはほとんど不可能だ。投票自体は匿名化され、暗号化される」

モスクワ市はどういったブロックチェーンを導入したのかは公開していない。

これからも非公開としてシステムを危険から遠ざけるのではないだろうか。

dai06

今回の憲法改正はプーチン大統領が推し進めてきた政策だ。憲法改正では、大統領の任期延長などが含まれている。憲法改正の国民投票は7月1日に実施されるが、電子投票はその前に行われる。国民投票で過半数が支持すれば、改憲が発効となる。

投票所に行って一票を投じるという従来の投票のあり方は、新しい技術によって少しずつ変わっていくのかもしれない。今回の方法が支持を集めれば、これが主流になっていく可能性もあるだろう。

ましてやこのコロナウイルス禍のなかでは、オンラインでの投票を好ましく思う人も多いのではないだろうか。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/blockchain-voting-will-determine-vladimir-putins-presidential-fate