公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

エルサルバドルの村がビットコイン経済導入、何でも支払い可能に

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. エルサルバドルの人口約3000人の村が、ビットコイン経済を導入。
  2. 飲食物の購入から公共料金の支払いも、ビットコインで可能になった。
  3. はじめは企業や若者にビットコインを勧めることで、普及を促進させたという。

ビットコインで何でも支払える村、エルサルバドルに誕生

エルサルバドルのエル・ゾンテ村はコロナ禍で経済に大きな打撃を受けたことで、仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)をベースとした経済システム「ビットコインビーチ」を導入した。エル・ゾンテ村は3000人が住む海岸沿いの小さな集落だ。住民の大半は銀行口座を持っておらず、クレジットカードも持っていないという。

エル・ゾンテ村へのビットコイン導入は、2019年に10万BTC(約980億円)もの匿名の寄付があったことをきっかけに始まったもの。

エル・ゾンテ村は人口約3000人が海岸沿いに住む小さな集落。サーファーに愛されている村であり、この村kラ3時間ほど離れた「プンタマンゴ」というビーチコミュニティにもビットコイン経済が導入されたそうだ。

dai06

「ビットコインをコミュニティに注入するとともに、地元企業にビットコインの受け入れ方を教え、ビットコインを受け入れることのメリットとデメリットについての教育にも協力した。しかし大人たちには抵抗があったようだ。そのため我々は若者向けに注力した。彼らはすぐにビットコインを受け入れてくれた。」

こう語るのは匿名の寄付者とともにビットコインを配布したという、マイケル・ピーターソン氏。

同氏は地元企業や若者にビットコインが何たるかを教えることで、普及を促進させたという。

dai06

エルサルバドルでは仮想通貨に関する法律はまだ制定されていないが、同国のナジブ・ブケレ大統領は過去にビットコインについて発言していることもある。大統領に就任する2年前の2017年に、ブケレ氏はツイッターで「ビットコインを使っている」と述べている。

仮想通貨は小さなコミュニティであればあるほど、普及がしやすいのかもしれない。

また、エルサルバドルの国民は銀行口座を持っていない人も多く、こうした人たちの金融を支える手段として仮想通貨が注目されている。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/a-village-in-el-salvador-created-a-bitcoin-friendly-economy-amid-covid-19