公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ビットコインは逃避資産に、米中対立激化で地位強めるか

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 世界屈指の経済大国であるアメリカと中国の対立が激しくなっている。
  2. 仮想通貨ビットコインは「逃避資産」として、注目が集まっている。
  3. ある専門家はビットコインを金に匹敵、もしくは金を上回る資産になるとみる。

金よりもビットコイン?米中対立で注目高まる

金融コンサルタント企業デヴィアグループ(deVere Group)の創業者兼CEOのナイジェル・グリーン氏は、ビットコイン(BTC)の最近の強気の動きは、金(ゴールド)のような実績のある安全な避難資産に置き換わる力があると語っている。

仮想通貨であるビットコインを「デジタルゴールド」とみるグリーン氏。

テクノロジーが主導する世界になった暁には、ビットコインが金を上回る地位をもつとみているようだ。

dai06

「世界の2つの経済大国である米国と中国との間の緊張が高まったため、ビットコインの強気が実現することになった」と、グリーン氏は述べる。

お互いに領事館閉鎖を命じたことで、米中の対立は一層激しいものとなっている。

二国間の緊張が世界経済に与える影響を危惧する者たちは、資産の逃避先として金だけでなくビットコインという選択肢も持つようになった。

dai06

「アメリカの生活水準を低下させる新たな深みに突入しようとしている」と、シフ氏は予測している。金とビットコインの両方は、経済の不確実性が増す中で、投資家にとってより良いヘッジ手段として機能していくのかもしれない。

金の優位性を信じてやまないピーター・シフ氏が語るように、金もビットコイン同様に価値を高めてきている。

「資産を逃がすなら金もしくはビットコイン」、これが逃避資産の新しいスタンダードと呼べる時代も近いのだろうか。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/12b-advisory-group-ceo-btc-is-safe-haven-asset-amid-political-tension