公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ゴールドマン・サックスが仮想通貨開発を検討、チーム強化乗り出す

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ゴールドマン・サックスが独自の仮想通貨開発を検討。
  2. 開発を計画しているのは、法定通貨に連動するステーブルコイン。
  3. すでにチームの強化に乗り出しており、FacebookやJPモルガンらと連携する可能性も。

ゴールドマン・サックスの独自の仮想通貨、Facebookらとも連携か

ゴールドマン・サックスが、法定通貨に連動するステーブルコインなどの独自のデジタル通貨の開発を検討している。同社はデジタル資産チームを大幅に拡大し、取り組みの先頭に立つ新たな責任者を任命した。

ついにあのゴールドマン・サックスまでもが、仮想通貨の活用に積極的になろうとしている。

デジタル資産部門のグローバル責任者におかれたのは、マシュー・マクダーモット氏。同氏はJPモルガンのブロックチェーン開発にも携わった、オリ・ハリス氏を戦略責任者に決定。チームの強化を着々と進めている。

dai06

マクダーモット氏は、レポ市場やクレジット市場、住宅ローン市場の非効率性をブロックチェーンで効率化する取り組みについて検討していると語った(レポ市場:主に国債を担保に銀行間で短期的に資金を貸し借りする市場)。

世界の金融をリードする存在として君臨するゴールドマン・サックス。独自の仮想通貨を介することで、その力をさらに拡大させていくことになるのだろうか。

dai06

また同氏は、ゴールドマン・サックスがデジタル資産の取り組みにおいて、フェイスブックのみならず、ライバルのJPモルガンとの連携を検討する可能性にも触れたという。

ゴールドマン・サックスは今後もチーム拡大のために、アジア・ヨーロッパで人員を集めていく予定だという。

具体的な計画はまだ明らかになっていないようだが、世界的な企業であるだけに今後の動きが楽しみだ。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/74340/