公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

マインクラフトで使えるNFT、コインチェックが取り扱いへ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. コインチェックは人気ゲーム「マインクラフト」で使える、NFTの取り扱いを目指すことに。
  2. NFTが「ノン・ファンジブルトークン」の略で、さまざまなコンテンツの取引での活用が期待される。
  3. コインチェックはこの「NFTマーケットプレイス」を、2020年度内にサービス開始予定。

マインクラフトでの取引円滑に!コインチェックのNFTマーケットプレイス

コインチェックは9月9日、2020年度内のサービス開始を予定している「NFTマーケットプレイス」にて、人気ゲーム「マインクラフト」で利用できるNFTの取り扱いを目指すと発表した。シンガポールのEnjinと連携し、同社の「Enjin Platform」を通じて発行されたマインクラフト向けNFTを扱う。

マインクラフトは世界的に人気のゲームだ。パソコン・プレイステーション・スマートフォンなど、デバイスを問わず、非常に多くのプレイヤーに愛されている。

ゲーム内ではまざまなアイテムを収集したり、自分だけの建物を作ったりできる。

dai06

NFTとは「ノン・ファンジブルトークン」の略。直訳すると代替不可能なトークンとなるように、固有の価値を持つトークンのことを指す。イーサリアムのブロックチェーン上で発行される。通常の仮想通貨では、例えば自分が持っている1ビットコインと相手が持っている1ビットコインは同価値だが、NFTでは個別の異なった価値を持たせることができる。

このノン・ファンジブトークンは、ゲーム内のアイテムやキャラクターの取引のほか、現実世界でのモノの取引にも活用できるという。

dai06

NFTマーケットプレイスは、コインチェックのユーザー同士がNFTを出品して売買できるプラットフォーム。取引所であるCoincheck上にマーケットプレイスを展開することで、出品や購入時の送金手数料を不要とし、また秘密鍵の管理が不要なNFTウォレットを提供することで手軽に利用できるようにする。

コインチェックはNFTマーケットプレイスの2020年度内にリリース予定。マインクラフトという人気ゲームを巻き込むことで、良い滑り出しをねらっていると思われる。

もちろん、こうしたトークンを導入することはゲーム側にも魅力がある。ユーザー同士の交流を促進できるだけでなく、新しい楽しみ方を提供できるようになる。

dai06


ソース元https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2009/09/news126.html