公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

EU2024年までに仮想通貨規制検討、成長奪わず金融市場保護へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 欧州連合(EU)は仮想通貨に関して、2024年までに規制枠組みの導入を計画。
  2. 取引所は物理的な拠点を、EU域内に設置することも求められる可能性がある。
  3. ステーブルコインについては、欧州銀行監督機構(EBA)が監視する。

欧州議会と各国政府協議で法制化、EU仮想通貨規制へ動き出す

欧州連合(EU)は、域内での暗号資産(仮想通貨)の規制に向け大きな一歩を踏み出す。市民や企業から新たなテクノロジーの利用機会を奪わずに金融市場の保護を目指す。

EUが仮想通貨規制に向けて大きく動き出す。

規制案はすでに発表されており、今後欧州議会と各国政府らで協議を行った上で、2024年までに導入される見込みだという。

dai06

今回の規制案は、フェイスブックの「リブラ」 など、既存の通貨を裏付けとする「ステーブルコイン」を規制することも目的。リブラは多数の利用者の手に届く可能性があり、金融安定性を脅かしかねないとして規制当局に警戒されてきた。

仮想通貨のなかでも、ステーブルコインには特に厳しい姿勢を取り続けているEU。

消費者保護の観点からのみならず、法定通貨や各国の金融政策、そして将来的なデジタルユーロなどを脅かす存在としても警戒感を強めている。

dai06

欧州委によると、新たなルールの下では、取引プラットフォームなど暗号資産関連企業はEU域内に物理的な拠点を設置する必要があるほか、資本規制の対象となる。また、重要度の高いステーブルコインについては、欧州銀行監督機構(EBA)が監視する。

物理的な拠点を設置することで、平時から消費者へのサポートを手厚くさせるほか、何かあった時の対応もスピーディーかつ逃げられないようにしたいねらいがあるのかもしれない。

2024年までの導入を計画ということで、導入にはまだ時間がある。よって、仮想通貨を取り巻く情勢や技術も変化することが予想されるため、今後この規制案も変わる可能性がありそうだ。

dai06


ソース元https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-25/QH6KCJDWX2PW01