公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

モネロ 2017年動向をまとめてみた。

この記事は、じんぺいさんから寄稿頂きました。
モネロとは?ビットコイン高騰から凄まじい勢いの成長を見せるモネロ。
所有者の匿名を維持し続けることで安全性が非常に高いコインで、取引の追跡を一切不可能にする独自の技術システムを持っています。
円における日本銀行のような組織が存在しない仮想通貨において、プライバシー保護は非常に重要な課題の一つ。
安全性が高い仮想通貨は投資家にとっても非常に魅力的で、そういった意味でもモネロは今後さらに期待が寄せられる銘柄だと言えるでしょう。そこで今回は仮想通貨の進化がめまぐるしかった2017年を振り返り、モネロに起こったニュースをまとめてみました。

モネロの2017年を振り返る

2017年 1月

取引金額を隠す技術を使った「RingCT取引」に関する4度目のハードフォーク・アップデートを実施。

2017年 4月

アメリカの仮想通貨取引所「Kraken(クラーケン)」がモネロの取り扱いを開始。
5度目のハードフォーク・アップデートが実施されました。

2017年 8月

韓国最大の仮想通貨取引所「Bithumb」にモネロが上場するというニュースが話題に!
これにより、この時すでに5000円台だったモネロ価格が2倍にまで上昇しました。

2017年 9月

6度目のハードフォーク・アップデート「Monero 0.11.0.0 Helium Hydra」が実施。これにより「RingCT取引」のみに限定されました。
ソース元 https://getmonero.org/2017/09/07/monero-0.11.0.0-released.html

2017年 10月

匿名性が高い仮想通貨を主要としているダークネット・マーケット「Libertas」が、モネロでのみ支払いを受け付けると発表!
大手仮想通貨ビットコインの使用が減少していたダークネット・マーケット業界の流れから考えると、モネロにとっては非常にハッピーなニュースでした♪

2017年 12月

多くのミュージシャンがモネロでの支払方法に賛同していることを公言。またそれに関連する5つのオンラインストアがモネロ決済の取り扱いを開始しました。
モネロ決済で作品やグッズを買うと5%のディスカウントを受けることができるなど、モネロの音楽業界への普及を予見させる内容でした。

2018年以降はどうなる?

リリースからその匿名性が高く評価され人気の高いモネロ。
音楽業界での利用が注目されているモネロは、今後仮想通貨の取り扱いが一般化する若い世代に一気に普及するのではないかと期待が寄せられています。
仮想通貨が一般経済に受け入れられはじめた2017年の動きを見ていると、今後間違いなく普及率が上がる仮想通貨のひとつと言えるでしょう。

モネロで現状懸念されているのは、匿名性の維持力が高いことで麻薬取引やマネーロンダリングの温床なのではないかという噂が絶えないこと。それらに根拠はないものの、政府が取引を規制するには十分すぎる理由でもあります。

こういった問題の解決をどうするか、そしてどこが解決するのかを注目していきたいですね。