公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

FRBパウエル議長「早さより正しさ重要」、中央銀行デジタル通貨見解示す

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 米連邦準備制度理事会のパウエル議長が、中央銀行デジタル通貨について見解を示した。
  2. 発行について「早さよりも正しさが重要」とした上で、計画を急いでいないとした。
  3. 通貨の恩恵のみに注目するだけではなく、市場に与えるリスクを注視するべきという。

パウエル議長「早さより正しさ」、他国に先越されるのは問題外

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、19日の討論会で中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)について言及し、早く発行することよりも正しく発行する方が重要という見方を示した。

パウエル議長は国際通貨基金(IMF)が開催した、デジタル通貨の関連討論会に出席。

中国が計画をリードしていることを踏まえた上で、アメリカが中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発で他国に先を越されてしまうのは問題ではないとした。

dai06

パウエル議長によると、「正しくやる」とはCBDCの潜在的な恩恵のみに注目するのではなく、リスクを注視することだと解説。米ドルが現在は世界の基軸通貨であり、デジタルドルを作ることによる影響を慎重に検討する構えだ。

パウエル議長が語るように、米ドルは世界の経済を回している通貨だ。

デジタルの米ドルが発行された際、現行の米ドル自体の力と市場へ与える影響、さらにはプライバシーやセキュリティ対策についても、十分に吟味されなくてはならない。

dai06

米国がCBDCに慎重な姿勢を示す一方、中国ではすでにデジタル人民元のテストが開始している。中国の深センではデジタル人民元の使用を多くの人に試してもらうために大規模なプロモーションを展開している。

世界各国が中央銀行デジタル通貨に関心を強めているのは事実だ。

米国も慎重姿勢ではあるものの、計画を実行しないとは限らない。発行するにしてもしないにしても、さまざまなパターンを想定しながら議論は進めているはずだ。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/better-to-get-it-right-than-to-be-first-with-cbdc-says-us-fed-chair