公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

スクエアがビットコインウォレット開発支援、デザイナーに資金提供

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. モバイル決済大手のスクエアが、ビットコインウォレットの開発を支援。
  2. 開発に挑戦するデザイナーに、資金提供を開始したとツイート。
  3. 開発で重視しているのは「誰でも使える」こと。

誰でも使えるビットコインウォレット求む、スクエアが資金提供開始

モバイル決済大手のスクエア(Square)の暗号資産(仮想通貨)チーム「スクエア・クリプト(Square Crypto)」は10月30日、誰でも使えるビットコインウォレットの開発に挑戦するデザイナーに対して資金の提供を開始したとツイートした。

モバイル決済大手のスクエアの仮想通貨部門、「スクエア・クリプト」がビットコインウォレットの開発に本腰を入れようとしている。

世界的にビットコイン需要が高まっているが、ライトユーザーを巻き込むにはさらなる進化が必要だ。

dai06

この取り組みは、資金を受け取ったマギー・バレンタイン(Maggie Valentine)氏が企画書で提起した質問に答えようとするものだ。その質問とは、「ユーザーの資金の安全性を守りながら、暗号資産に詳しくないユーザーに直感的な体験を提供するにはどうすればよいか?」というもの。

この質問の通り、ライトユーザーはビットコインもとい仮想通貨に対して、まだまだ漠然とした不安を多く抱えている。

どうすればビットコインを手に入れられるのか、どうすれば使えるのか、ビットコインそのものや個人情報は守られるのかなどなど…。

dai06

スクエアは10月8日に、同社の純資産の1%に相当する5000万ドル(約52億円)を使って4709ビットコイン(BTC)を購入したと発表した。今回の資金提供は、スクエアのCFO(最高財務責任者)であるアムリタ・アフジャ(Amrita Ahuja)氏がビットコインへの投資を発表した時の声明と一致しているようだ。

仮想通貨事業に多くのリソースを割いているスクエア。求めている仮想通貨ウォレットは誕生するのだろうか。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/86520/