公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

露最大の非国有銀行は国外に活路?スイスでBTC取引サービス開始

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ロシア最大の非国有銀行ガスプロムバンク・スイスが、スイスでビットコイン取引サービスを開始。
  2. スイスの規制当局との承認を得ており、業界団体であるOpenVASPにも参加したという。
  3. 同社は2018年からスイスでのサービス開始を準備してきた。

綿密な準備経て…!ガスプロムバンク・スイスがBTC取引サービス開始

ロシア最大の非国有銀行の子会社であるガスプロムバンク・スイスは、仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)の取引サービスを試験的に開始した。

ガスプロムバンクはロシア最大の非国有銀行で、ロシア三大銀行の一角でもある。

名前にもある通り、天然ガスの生産・供給を行うガスプロムの子会社だ。

dai06

11月19日の発表によると、スイス規制当局の承認を得て、ガスプロムバンクはフィンテック企業であるアバロク(Avaloq)やカストディプロバイダーのメタコ(Metaco)と協力する。

スイスでビットコイン取引サービスをリリースするガスプロムバンク・スイス。

同社のCEOであるロマン・アブドゥリン氏は『従来の資産と同様に簡単に取引できることを目指す』と意気込む。

dai06

ガスプロムバンク・スイスは、ビットコイン取引の発表に合わせて、仮想資産サービスプロバイダー(VASP)の規制遵守に焦点を当てた、主要な業界団体であるOpenVASPに参加したことも発表した。

2018年からサービスリリースを目指してきたガスプロムバンク・スイス。地固めもしっかりと行い、遂に開始にこぎつけてみせた。

ロシアはデジタル金融資産関連法(On Digital Financial Assets:DFA)で、仮想通貨を決済用途で使用することを禁じている。これには「グレーゾーンがなくなる」という肯定的な意見もあるが、用途が狭まることも意味している。

ガスプロムバンク・スイスはそんなロシアを抜け出して、さらなる飛躍を見せることになるのだろうか。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/russia-s-gazprombank-debuts-bitcoin-trading-in-switzerland