公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

マネックス社長「中銀デジタル通貨は追い風」、仮想通貨との取引増加と予測

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. マネックスグループ社長の松本大氏が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行は仮想通貨に追い風になるとみる。
  2. CBDCと仮想通貨の交換が飛躍的に伸びるとみており、傘下のコインチェックの成長に期待。
  3. 高騰続けるビットコインに関しては、基軸通貨としての性格を持ちつつあるとした。

CBDC登場で仮想通貨の相互交換性上昇、期待増すコインチェック

マネックスグループの松本大社長は、ロイターのインタビューで、日銀が開発を進めている中央銀行デジタル通貨(CBDC)が発行されれば暗号資産(仮想通貨)とCBDCの交換が飛躍的に増え、傘下の仮想通貨交換業・コインチェックのビジネスにも「強烈な追い風が吹く」との見通しを示した。

傘下に仮想通貨取引所のコインチェックを持つマネックスグループ。

松本社長も仮想通貨事業には大きな期待感を寄せている。

dai06

「仮想通貨交換所で蓄積され磨かれている技術やノウハウが、新しいデジタル経済の基盤となるCBDCや(基軸通貨としての性格を帯び始めた)ビットコインを管理するために重要な技術になってきている」と述べた。

松本社長は仮想通貨VS中央銀行デジタル通貨(CBDC)の構図になるとはみていない。

むしろ両者が相互にはたらきかけることによって、デジタル経済を活性化させるとみているようだ。

dai06

ただ、中国のデジタル人民元を念頭に置いた経済安保の観点だけでなく、デジタル経済の観点からの検討も重要だと指摘。「デジタル経済の関係でCBDCはこうあるべきだということを、経済界がもっと議論を深めて発信していくべきではないか」と語った。

CBDCの分野において、日本はまだまだ出遅れている印象がある。

仮想通貨そのものや仮想通貨を取り巻く状況は刻一刻と変化しているだけに、日本も取り残されることのないよう積極的に動き出さなくてはならないだろう。

dai06


ソース元https://jp.reuters.com/article/monex-matsumoto-interview-idJPKBN28503V