公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

サトシ・ナカモトはロンドン在住?出版資料から英国人説浮上

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ビットコインの創設者とされるサトシ・ナカモトが、英国人ないし英国在住者である説が高まってきた。
  2. 彼の出版物からは、英国のタイムズ紙で用いられた文法や言い回しがみられるという。
  3. 本レポートの執筆者は、サトシ・ナカモトが2008~2010年の間にロンドンに在住したと予想。

「日本人説はありえない」、サトシ・ナカモトは英国人か

「The Chain Bulletin」の最新レポートで、サトシが出版した資料のタイムスタンプや、文法や言い回し、単語のスペル、ジェネシスブロックに埋め込まれたタイムズ紙の見出しが、英国で印刷された特有のものであることなどが指摘された。

これまでにもサトシ・ナカモトは英国人とする説はあった。ただ、本レポートの執筆者ドンチョ・カラバノフ氏は、「サトシは英国のタイムズ紙を参考にした」ことを根拠とする新しい説を発表した。

dai06

これは、英国で配布されているタイムズ紙の紙面版だけが「Chancellor on brink of second bailout for banks(銀行救済に二度目の公的資金注入へ)」を使用していたが、オンライン版には財務大臣の名前が入っていたという。また、米国版にはそもそもこの記事が掲載されていなかった。

「英国のタイムズ紙の言い回しを真似られるのは、英国でタイムズ紙を読んだから」という、至極シンプルな今回の説だ。

加えてタイムズ紙の読者は43%がロンドン在住であるため、サトシ・ナカモトもロンドン在住だったのではないかとしている。

dai06

非営利のグローバルネットワーク「P2Pファンデーション」に掲載されていた(現在停止中)サトシ・ナカモトのプロフィールでは日本に住む男性となっていたが、カラバノフ氏はサトシが「吸血鬼」ではない限り、日本という可能性はあり得ないと結論づけた。

サトシ・ナカモトにまつわる説は、正直なところ枚挙にいとまがない。

今回の説もそうした説のひとつして、人々の話題を呼ぶことになるだろう。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/new-analysis-suggests-satoshi-nakamoto-was-a-londoner