公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

経済制裁受けるベネズエラ、輸入品にビットコイン決済の抜け道

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. アメリカらの経済制裁により、ベネズエラが厳しい状況に置かれている。
  2. ベネズエラは輸入品の決済に、ビットコイン利用を増やしていくねらいがある。
  3. 同国にはトルコとイランが、金と引き換えに食糧や燃料を提供しているとされる。

ビットコインなら制裁かわせる!ベネズエラが輸入品決済に仮想通貨

ベネズエラのジャーナリスト、ネルソン・ボカランダ氏が設立したニュースサイト、RunRun.esは、ベネズエラが、米国からの経済制裁の抜け道として、輸入品の決済にビットコインの利用を増大させてゆく意向であるとの調査報告を発表した。

経済制裁に苦しむベネズエラの国内事情は芳しくない。

マドゥロ大統領はアメリカへの反発も強めつつ、トルコのエルドアン大統領と結びつきを強めている。

dai06

マドゥロ大統領は9月、制裁の抜け道としてビットコインやその他の仮想通貨を公然と利用する兆候を見せ始めており、同政権は間もなく「世界中の、公的機関、国、民間発行の仮想通過を国内外の取引に利用するであろう」と宣言している。

ベネズエラは石油資源に裏付けられているといわれているペトロを発行しているとされるが、そのペトロはまだ強い力を持っていない。

よって、ビットコインやイーサリアムなど、世界でも広く使用されている仮想通貨への切り替えを図ろうとしているようだ。

dai06

ベネズエラ政府は、先週、国民が通貨ボリバルをビットコインと交換できるようにするため、仮想通貨取引所をNational Cryptoactive Superintendency(国家仮想通貨活動監督局)の支援の下、立ち上げている。

仮想通貨への転換をねらうベネズエラに対して、アメリカはどのように動くのだろうか。

自由度も秘匿性も高い仮想通貨は、そう簡単に外部が制限をかけられるものではないと思うが果たして…。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/venezuela-ramps-up-bitcoin-payments-for-imports-from-iran-and-turkey