公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

26億円のモネロ保有する19歳、ウクライナの政界進出へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ウクライナ東部クラマトルスク市のロスティラフ・ソロド氏は、19歳の最年少市議会議員だ。
  2. 同氏の両親は国会議員で、息子であるソロド氏は2020年秋に政界へ進出。
  3. 財産申告によれば、ソロド氏は約26億円相当のモネロを保有しているという。

「仮想通貨発行したい」、研究重ねてきた19歳議員

19歳のロスティスラフ・ソロド(Rostislav Solod)は、ウクライナ東部にあるクラマトルスク市の最年少市議会議員。そして暗号資産(仮想通貨)のミリオネアだ。

政界進出にあたり財産申告をしたソロド氏。

唯一の財産だという仮想通貨は、18万5000モネロ(約26億円)だという。

dai06

自らの貯金と、実現しなかったビジネスのために両親が与えてくれた資金を使って、2015年にモネロを取引所で購入した。以来、ソロドは、金融市場や暗号資産の研究に多くの時間を費やしたという。

201

2014年から仮想通貨に可能性を感じ、研究を続けてきたソロド氏。

現在のウクライナの仮想通貨への取り組みに疑問を投げかけつつも、政治家の視点としては現在審議中の法律が国の財政を潤すとみているそうだ。

dai06

ソロドは、暗号資産マイニング(まだ、どの暗号資産かは決めていない)を開始し、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏がサポートする新プロジェクト「Efforce」のトークンを購入することを考えている。しかし、一番やりたいことは、自らのトークンを発行することだと語った。

ソロド氏は大量の保有しているモネロを精算することで、新しいビジネスへの投資を計画しているそうだ。

仮想通貨ネイティブとも言える、新進気鋭の19歳に注目が集まる。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/91668/