公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ビットコイン高騰ブーム、「4万ドル再突入が潮目」とJPモルガン専門家

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ビットコインは再度4万ドルに突入できるかどうかが、今後の動向の指標になる可能性。
  2. JPモルガンの専門家らは、突入が難しければ投資家の流出に打撃を与えるとみる。
  3. 彼らは今後数日から数週間で、1日1億ドルペースの資金流入が必要と指摘。

気になるビットコインの動向、4万ドル再突入が指標に

ニコラオス・パニギリツオグル氏らJPモルガン・チェースのストラテジストの見方だ。ビットコインが4万ドルを再び「突破」できない場合、トレンドに追随する投資家の流出に打撃を受けかねないという。ビットコイン先物や上場する仮想通貨ファンドの最大手グレースケール・ビットコイン・トラストの需要パターンは、今後の見通しについて手掛かりを与えてくれるだろうと、ストラテジストらは指摘した。

2020年末から高騰を続けてきたビットコインも、現在は足踏みが続いている。

この状況にJPモルガンの専門家らは、「4万ドル再突入」というひとつの指標を立てた。

dai06

4万ドル「突破が起きるためには、グレースケール・ビットコイン・トラストへの資金流入は今後数日間から数週間にわたって1日1億ドル(約104億円)のペースを維持する必要があるだろう」とストラテジストらは15日のリポートで指摘した。

今回の高騰を支える機関投資家らの流入。この動きが今後も継続すること、そしてそれによって1BTC4万ドルという壁を破らなければ、今回の高騰は終わりを迎えるかもしれないというのだ。

dai06

JPモルガンのストラテジストらによると、ビットコインは昨年11月後半に同じような状況にあった。当時は2万ドルが試金石となっていたが、グレースケール・ビットコイン・トラストに機関投資家の資金が流入したことが、ビットコインの上昇継続に寄与したという。

まだまだ上がり続けるとみる専門家も多かったビットコインだが、今後の展望は読みにくくなってきている。

機関投資家らは今後も資金を投入し続けるのだろうか、それとも一旦ストップをかけ、他の投資先へ注力することになるのだろうか。

dai06


ソース元https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-18/QN3XK7DWX2QG01?srnd=cojp-v2