公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

bitFlyer預かり資産過去最大、2017年バブル超の2892億円に

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 仮想通貨取引所bitFlyerの12月時点の預かり資産残高が、2892億円を突破。
  2. 2017年12月バブル期の記録を超え、過去最大となった。
  3. 同社の三根公博社長は、気を引き締めて資産の保全と管理にあたるとした。

「過去最大に気を引き締めて…」、bitFlyerの預かり資産2892億円

仮想通貨取引所を営むbitFlyerは12月時点で預かり資産残高が2892億円を突破し、過去最大を記録したと発表した。バブル期の2017年12月の記録を更新した形だ。

国内の仮想通貨市場を牽引するbitFlyer。

仮想通貨市場が大いに湧いた、2017年の記録を遂に突破した。

dai06

17年12月に約230万円の値を付けたビットコインだが、その後価格が低迷。20年3月のコロナショックでは50万円を切っていた。その後、価格の上昇が続き、12月に入って200万円を突破。21年1月には425万円をつけるなど、大きく価格が上昇した。

仮想通貨の代表格ビットコイン。

2020年末からのビットコインの高騰が、今回の2892億円超えの大きな要因となっている模様。

dai06

同社の三根公博社長は「個人や投機が中心といわれてきた暗号資産市場に、実需を伴う動きが出てきたことは歓迎すべきこと。当社は預かり資産が過去最大を記録したが気を引き締めて、お客様の資産保全を始めとする管理を遂行していきたい」とコメントしている。

日本の仮想通貨取引所を代表するbitFlyerは、今後のさらなる成長が期待される。

ちなみに米コインベースは先日ユーザー数が4300万を超え、預かり資産が900億ドル(約9.3兆円)となったことを発表している。

dai06


ソース元https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2101/28/news051.html