公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

Mastercardが仮想通貨決済対応、2021年内に導入へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 米Mastercardが、2021年内に仮想通貨決済を導入することを明らかにした。
  2. 採用する仮想通貨は決まっていないが、ステーブルコインには一定の評価を与えている。
  3. 仮想通貨決済を勧めるわけではなく、顧客の選択肢を増やすのがねらいという。

仮想通貨で支払い仮想通貨を売上に、Mastercardに新たな動き

米Mastercard(マスターカード)は、2021年中に、同社の決済ネットワークに仮想通貨を導入する方針を明らかにした。

決済大手のMastercardが、仮想通貨決済を取り入れる。

対象となる仮想通貨や国はまだ決まっていないという。

dai06

同社は、仮想通貨の中でも価格変動の安定化を狙った「ステーブルコイン」に分類されるものは信頼性が高まっているとし、一定の評価を与えている。

一方、すでに市場にある仮想通貨の多くは、同社の基準に照らし合わせるとコンプライアンス対策が不足し、要件を満たせないという。具体的には、プライバシーやセキュリティを含む消費者保護、違法行為や詐欺を防ぐ厳格な仕組み、使用地域の法律・規制への準拠といったことを挙げている。

仮想通貨の代表格であるビットコイン採用を期待するユーザーは少なくないはずだが、果たしてどの仮想通貨が採用されるのだろうか。

最初はステーブルコインを採用し、順を追ってほかの仮想通貨を採用するケースもあり得るかもしれない。

dai06

同社は、顧客に仮想通貨の利用を勧めるわけではなく、あくまで顧客の選択であるとしている。しかしながら、仮想通貨に対応することで新しい多くの可能性が生まれ、仮想通貨に関心のある新規顧客を開拓できるだろうとの見方も示している。

Mastercardの仮想通貨決済導入で、またひとつ仮想通貨が身近な存在になる。

客は仮想通貨で支払いを行い、店は仮想通貨で売上を受け取ることができるのだ。

dai06


ソース元https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1306111.html