公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

米検察が北朝鮮ハッカー3人起訴、1370億円超えの窃盗関与か

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 米連邦検察は約1370億円以上の窃盗に関与したとして、北朝鮮のハッカー3人を起訴。
  2. 3人は映画会社が仮想通貨のトレーダーに、工作を仕掛けたとされる。
  3. 米司法省トップは「工作員は銃ではなくキーボードを使い盗んだ」と述べた。

サイバー犯罪の主要な脅威に、北朝鮮ハッカー3人を起訴

米司法省は17日、世界各地の銀行や企業から計13億ドル(約1370億円)以上を盗もうと共謀したとして、連邦検察が北朝鮮のハッカー3人を起訴したことを明らかにした。

3人は2014年から2020年の間に、複数のサイバー攻撃に関与した疑い。

2014年のソニー・ピクチャーズエンタテインメントへの攻撃、2016年のバングラデシュ中央銀行から8100万ドルを盗んだ攻撃などがそうだ。

dai06

また、新種のマルウエア(悪意のあるプログラム)を使って暗号資産の窃盗や現金自動出入機(ATM)への侵入を画策した罪にも問われている。

北朝鮮のハッカー集団は相当高度な技術を用いており、世界で発生しているサイバー犯罪の主要な脅威になっているとのこと。

dai06

司法省の国家安全保障部門トップ、ジョン・デマーズ氏は記者会見で「北朝鮮の工作員は銃ではなくキーボードを使い、現金袋ではなく暗号資産のデジタル・ウォレットを盗んでいる。世界の主要な銀行強盗だ」と指摘した。

北朝鮮は国威を示す手段としてあるいは外貨獲得の手段として、世界各地でサイバー犯罪を行っているとされる。攻撃対象は企業や国が持つ仮想通貨やサービスなどさまざまなものが挙げられている。

そのレベルは極めて高く、各国当局は警戒を強めている。

dai06


ソース元https://www.cnn.co.jp/usa/35166685.html