公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

北ハッカーの資金洗浄に関与、ナイジェリアの著名インフルエンサー

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ナイジェリアの著名なインフルエンサーが、北朝鮮の資金洗浄にかかわった疑い。
  2. ラモン・オロルンワ・アッバス氏は、Instagramのフォロワーが250万人いる。
  3. 同氏は北の資金洗浄のほか、フィッシング詐欺などを通じて数億ドルを洗浄した可能性がある。

北のハッカーらと共謀か、ナイジェリアの「Hushpuppi」に疑惑

ブルームバーグ通信や英紙ガーディアンなどが21日(現地時間)に報じたところによると、米司法省は北朝鮮のハッカー3人の資金洗浄を支援したのがナイジェリア人のラモン・オロルンワ・アッバス氏だと明らかにした。

アッバス氏はインスタグラムで「ハッシュパピー(Hushpuppi)」というアカウント名で活動しており、フォロワーは250万人に達するという。

Instagramに派手な暮らしぶりを投稿していたアッバス氏。

高級車、プライベートジェット、アパレルブランド。彼の金銭の出どころは果たして…。

dai06

 アッバス氏は2019年2月、北朝鮮のハッカーがサイバー攻撃によってマルタの銀行から強奪した資金の洗浄を支援するために、カナダ系米国人のガレブ・アラウマリ氏らと共謀した。

アッバス氏はまた、19年10月に米国の法律事務所の法律代理人から92万3000ドル(約9750万円)をだまし取った組織に加担していたほか、英プレミアリーグ所属のサッカークラブから1億2500万ドル(約132億円)をだまし取るために陰謀を企てた疑いも持たれている。

疑惑の尽きないアッバス氏。

共犯者とみられるアラウマリ氏は司法取引に応じたとみられており、彼の口から北のハッカーらとの関わりや手口、関与したサイバー犯罪なども明らかになっていくことが期待される。

dai06

 米司法省は、14年から昨年にかけて広範囲にわたるサイバー攻撃と金融犯罪を働いたとして、北朝鮮の朝鮮人民軍偵察総局に所属するハッカー3人を起訴したと17日発表した。

世界的な規模で暗躍する北のハッカー集団。すでにこの3名は顔写真入りで指名手配されている。

ただ、今回のアッバス氏やアラウマリ氏のように、3名以外にも資金洗浄に関わるものはいるのかもしれない。氷山の一角の可能性もあるが、彼らの動きが読めれば今後の捜査はよりスムーズになるだろう。

dai06


ソース元http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/22/2021022280260.html