公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

2017年のビットコイン購入者、強気相場の今も売却せず保有継続か

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 2017年にも高騰したビットコインは、現在その価格から約3倍に。
  2. しかし、当時の購入者の多くは今も売却をしていないという。
  3. 3~5年前のビットコインの割合は増加しており、彼らは投資を続けている。

2017年にビットコインを購入、現在はホドラーに

ビットコイン(BTC)は、2017年の強気相場で付けた高値から約3倍にまでなっているが、当時の購入者の多くはBTC売却を拒否しているようだ。

2017年当時の高騰も界隈を大いに賑わせたが、最近の高騰も多くの人々・企業の注目を集めている。

しかし、そうした状況下でも当時の購入者は売却をしていないというのだ。

dai06

2020年3月の市場暴落でBTCが3600ドルの安値まで下落したとき、2016年2月から2018年2月の間に最後に移動したBTCの割合は5.57%から13.38%に増加している。

言い換えれば、2019年、2020年、そして2021年の価格上昇でも、2017年の投資家がBTCを売却しなかったということだ。

現在の急騰を経験しても、彼らは売却をしていないという。

今後のさらなる上昇を期待しているとでもいうのだろうか。

dai06

一方、2011年以前に購入されたビットコインも、2020年3月15日以降、そのシェアは6.85%から10.24%に増加している。

2017年以降そして2011年以前のビットコイン保有者の割合が増える一方で、5~7年、もしくは7~10年にわたるホドラーは減少しているという。

後者たちとは対象的に、いわゆる”ガチホ”とその卵のような層の二極化が進んでいるのかもしれない。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/people-who-bought-bitcoin-in-2017-becoming-the-strongest-hodlers-new-data-shows